Foomii(フーミー)

ビジネス知識源プレミアム:1ヶ月ビジネス書5冊を超える情報価値をe-Mailで

吉田繁治 (経営コンサルタント )

吉田繁治

ビジネス知識源プレミアム:正刊:米銀の危機はどういう風に起こるか

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ <1ヶ月にビジネス書5冊を超える知識価値をe-Mailで> ビジネス知識源プレミアム(660円/月:税込):Vol.1318 <Vol.1319号 正刊:米銀の危機は、どういう風に起こるか?> ウェブで読む:https://foomii.com/00023/20230316080000106726 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ホームページと無料版申し込み http://www.cool-knowledge.com 有料版の申込み/購読管理 https://foomii.com/mypage/ 著者へのメール    yoshida@cool-knowledge.com 著者:Systems Research Ltd. Consultant吉田繁治 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 2023年3月10日、シリコンバレーバンク(SVB)が破産しました。 全米16位、2117億ドル(27.5兆円)の総資産の中堅銀行です。 2022年3月からの、FRBによる、普通より急いだ利上げ(0.25%→4.75%)によって、 ・銀行の資産である所有債券(米国債・MBS・社債)の時価が下落し、SVBへの信用不安が起こって、 ・預金者が引き出しに殺到したため、マネー(流動性)が枯渇し、支払いができなくなったのです。 【鍵は、金利と債券の価格】 SVBの破産が局所的なもので終わるか、全米を覆って世界に広がるシステミックな信用恐慌になるか。ここが焦点です。 1)全米の銀行とファンドが60%をもつ米国債31.4兆ドル(4080兆円)と 2)MBS 10兆ドル(1300兆円)が4%台への金利上昇により、どんなメカニズムで、いくら下がるかを理解しなければならない。 (注)ドル債券の40%は、海外の中央銀行、銀行、ファンドがもっています。日本は、1000兆円分をもっています。 今はまだ、局所的に見えるシリコンバレー銀行の破産には、4%の金利上昇の副作用である「米国債とMBSの20%下落」が、中核にあります。 「国債4080兆円+MBS1300兆円」の20%、1076兆円の下落です。 この金額は、米銀全部の自己資本を吹き飛ばします。SVB一番手として内情が知られ、2日で預金取り付けになって、破産したのです。
… … …(記事全文18,818文字)
  • バックナンバーを購入すると全文読むことができます。

    購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • 価格:262円(税込)

    ひと月まとめて購入するとさらにお得です。

    価格:660円(税込)

    2023年3月分をまとめて購入する

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2024年のバックナンバー

2023年のバックナンバー

2022年のバックナンバー

2021年のバックナンバー

2020年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

2018年のバックナンバー

2017年のバックナンバー

2016年のバックナンバー

2015年のバックナンバー

2014年のバックナンバー

2013年のバックナンバー

2012年のバックナンバー

2011年のバックナンバー

2010年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2024年2月19日に利用を開始した場合、2024年2月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2024年3月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISA Master JCB AMEX

銀行振込では、振込先(弊社口座)は次の銀行になります。

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する