Foomii(フーミー)

手にとるようにすぐわかる! どん底マスター中島孝志の「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」

中島孝志(作家・コンサルタント etc)

中島孝志

「ぴよこちゃん倶楽部」という投資勉強会を主宰しています。ゲストを招聘してユニークな投資スキルをご披露頂いてます(推奨銘柄も!)。いままで今井澂、植草一秀、坂本慎太郎(Bコミ)、塚澤健二、坂本彰、堀哲也、柳橋。ゆうじ。上岡正明、堀井正孝、榊原正幸等の先生方にご登場いただきました(継続中)。

同時に「中島孝志の銘柄研究会」を開催してます。『会社四季報』の東洋経済新報社勤務時代(30年前)からのデータを駆使して有望銘柄とくに「どん底銘柄」を取り上げています。勉強会は月1回。投資チャンスはたくさん。もったいないのでウィークリー・メルマガを発行することにしました。どうぞお楽しみに。

1.儲かる投資はどなたもご存じ。安く買って高く売る。高く売って安く買い戻す。これだけです。
2.ポイントは「どん底株」「割安株」を見つけられるかどうか。しかも「どん底」のままでは最悪。短期間にどれだけ反発できるか、がキモになります。
3.このメルマガでは、だれでも入手できるニュースや出来事に「洞察力=インテリジェンス」というスポットライトを浴びせ、これから1週間で反発するであろう「どん底株」「割安株」を浮き彫りにします。
4.基本は、月曜朝イチに売買して(指値で)放っておき、金曜日に手仕舞う!「5日間で5-10%のリターンを狙う!超短期投資」です。
5.売買銘柄をなぜ買ったかなぜ売ったか、お話するだけでは能がありません。
6.投資はどこで決まるか? 1にファンダメンタルズ、2にダウ平均株価、3に上海総合指数、4にドル円相場(為替)と言われますが、現在の株価は「地政学=イベントリスク」が大きく左右されています。
7.「イベントリスク(とくにトランプリスク)」を読み解くには「洞察力(=インテリジェンス)」が必須です。株価(チャート等)だけ見ていてもわかりません。市場を実は揺るがしている構造=政治、経済、経営そして地政学的なトレンドについてお話します。
8.チャートを駆使してどなたにもわかりやすいコンテンツを目指します。

タイトル
手にとるようにすぐわかる! どん底マスター中島孝志の「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」
価格
30,000円/月(税込)
発行
毎週日曜日(臨時配信あり)
課金開始月
購読した月から
購読する
////////////////////////////////////////////////////////////////

手にとるようにすぐわかる!
どん底マスター中島孝志の「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」

https://foomii.com/00129/

////////////////////////////////////////////////////////////////

ここから反転!? どん底銘柄にご注目!(18年9月12日)

毎月曜に連載してるもので、まさか2回も祝祭日が続くとは思いませんでした。しかも、前回、「関西空前のメガ台風と引き続いて発生した北海道大地震。被災者の皆様には衷心より哀悼の意を表します」と述べたばかりなのに、列島全体がまたまた暴風雨に見舞われてしまいました。
ホントに縄文、弥生、古墳時代から続く「地政学的リスク」の中、日本人は生き抜いてきたことを痛感いたします。

さて、株価は絶好調。「今日が底です。来週から上がりますよ」と7日(金)にお話した通りです。
別に不思議でもなんでもありません。「三角保ち合い」の典型チャートを描いてましたから、7日を底に上抜ける確率は高かったのです。しかも翌営業日10日の前引け直前に日銀が介入しました。





この瞬間、年初から売りまくっていた外国人が買いに転じたのです。

日経平均株価は外国人投資家が市場から離れれば、株安=円高になります。外国人の買いが積極的になれば株高=円安になります(原因と結果。本末を転倒してはいけません)。

折しも自民党総裁選というタイミング。データをご覧の通り、2018年の日銀介入額をご覧頂ければ、3月と6月というMSQ月には額が増大してるのに、7月と8月の日銀介入額は極めて過小。

これをどう読むか?

株価を下げられない安倍首相(株高あっての安倍政権です!)は、9月20日投票のクライマックスに向けて、いざとなれば、「投入枠」を確保している、と考えてもいいのでは? だって、「猿は木から落ちても猿」ですが、総裁選(戦)に負けた首相はお役ご免。だれも相手にしなくなりますもん。もちろん、トランプもプーチンも口をきいてくれなくなります。

指数的には上がるべくして上がると考えるべきなのでは?

万が一、下げたところで痛くも痒くもありません。というのも、今回も「どん底銘柄」がずらり並んでいるからです。
本田圭佑選手のCMで知られる東証一部上場企業「TATERU(元インベスターズクラウド)」が顧客の通帳を水増しして融資審査を通りやすくしていた、と報道されました(8月末)。
「TATERU」経営陣の機を見るに敏な点は、改ざん事実を即座に認めて借り入れ希望者に謝罪していることです。さすが3年間で5倍の急成長をさせた経営者だな、とある意味、感心します。というのも、ここでのらりくらりと対応したり逃げ回っていたら、状況はかなり危ういモノとなってしまう、と思うからです。



再来週の「銘柄研究会」で講義するつもりで「どん底銘柄一覧表」を用意していたのですが、大阪の勉強会で質問に答える形で「研究材料」として披露させて頂きました。すると数日後に「改善案」発表。リストアップした銘柄はいずれもストップ高、値幅制限一杯の高騰が続いています(後日、2週間で60%平均の高騰。日経平均株価の上昇率とは桁違いと判明)。

金価格に目を転じます。FOMCの利上げならずとも1200ドルを行ったり来たりしてますね。
長期金利とは「負の相関関係」ですから、長期金利が上がれば金価格は下がります。
「まさかの金」がパワーを発揮しない理由は、ロシアが米国債を手仕舞って金購入に邁進しても、対米貿易戦争でドル払底を懸念する中国が虎の子の金を800億ドル分もロシアに売却しようとも、新興国が通貨防衛=国債暴落阻止のために「金準備高」を崩して市場で売りさばいているんですから下落するのは当然です。
金価格が下落すればするほどロシアはせっせと購入するし、割安金を仕込んでいる投資家も少なくないでしょう。



先日、ブログでも「1200ドル割れも?」と書きましたが、現実には1167ドルまで下落しています(8月半ば)。円安で東京金価格が上がったとは言ってもまだまだです。

市場は去年とがらり変わって、今年はドル円相場と日経平均株価は「正の相関関係」に切り替わっています。ドル円ですが、高くても111円前半、安くなっても112円と考えていますが、「いまの条件」ならばさらにドル高円安が加速しても不思議ではありません。

115円でもおかしくないくらいです(後日113円後半まで円安が進みました)。というのも、トランプは世界を相手に「関税戦争」に打って出ています。関税政策は公約ですから、中国狙い打ちはもちろん、日本もカナダもEUも例外ではありません。

日本の貿易黒字是正を求め、トランプが行動に出たら? ドル高円安が進みます。なぜならば、アメリカは輸出が激増しますから景気はさらにヒートアップします。賃金もさらに改善します。中国から安物商品輸入が減少すれば、ダブルでインフレ要因が増えることになります。
必然的に長期金利も「中立金利(2.875%~2.9%)」を超えていくでしょう。19年はプラス0.25%、20年はさらにプラス0.25%となる可能性は少なくありません。

「まさかの金」にとっては逆風ですが、地政学的リスクとEUリスク(イタリア国債懸念だけでなくドイツ、フランスの景気縮小懸念)が落ち着いているとはとても思えないのです。金という金融商品は「まさかでない時に少しずつ仕込んでおくモノ」です。

市場はよくわかっています。輸出株が上がるのも当然です。ここしばらくは円安が続くと判断し、株価は輸出株に牽引されそうです。

個別銘柄を例にとれば、8月に排ガス検査の不適切対応が明るみに出た「スズキ」ですが、中国から撤退は評価できます。
株価は冴えませんが、過小評価されているのでは?(その後、9月26日に検査不正報道で株価下落! しかし下落しているからこそ「買い」評価は変わらず)。
スズキの株価は報道直前まで上昇していました。本質的な不祥事ともいえず、いわば、「調整」と考えるべきでは? とっくの昔に北米市場から撤退していますから、日米貿易摩擦も関係ありません。だから業界で独歩高を続けていたのです。

トヨタ、日産を相手にインドでは大儲け(実は、インドでは銀行に預けているだけで年5%の利回り!)。人、モノ、資金、技術という希少資源を競争の激しいレッドオーシャンに注ぎ込むより、業界大手が進出していない市場で「先行逃げ切り」を仕掛けてこそスズキです。

勝ちパターンに入る確率は高いと考えています。

投資はどこで決まるのか? 1に企業のファンダメンタルズ、2にダウ平均株価、3に上海総合指数、そして4にドル円相場(為替)・・・敬愛する植草一秀先生の主張ですが、株価は「イベントリスク」を予見する段階にはありません。「イベントリスク」で株価は大きく変わるデリケートなものです。「イベントリスク」を深読みするには「洞察力=インテリジェンス」を武装する必要があります。

このメルマガが目指す処は、だれにでも入手できるニュースや出来事に「洞察力=インテリジェンス」というスポットライトを浴びせて、「これから株価はどう動くか?」を浮かび上がらせることにあります。

※投資の世界はもちろん、自己責任です。何兆円儲かろうと何兆円損しようと責任は負いません。


////////////////////////////////////////////////////////////////
本メールマガジンに対するご意見、ご感想は、このメールアドレス宛に返信をお願いいたします。
////////////////////////////////////////////////////////////////
■ 有料メルマガの購読や課金に関するお問い合わせはこちら
  info@foomii.com 
■ 配信停止はこちらから:https://foomii.com/mypage/
////////////////////////////////////////////////////////////////
著者:中島孝志(作家・黄金の卵を産む「ぴよこちゃん倶楽部」「中島孝志の銘柄研究会」主宰)
著者サイト:https://www.keymannet.co.jp/
////////////////////////////////////////////////////////////////


  • 手にとるようにすぐわかる! どん底マスター中島孝志の「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」
  • 最後までお読みくださり、ありがとうございます。
    このメルマガを購読しませんか?
購読する

今月発行済みのメルマガ

  • 2018年10月

このメルマガを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたメールマガジンのすべての記事を読むことができます。2018年10月19日に利用を開始した場合、2018年10月1日~19日に配信されたメールマガジンが届きます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する