Foomii(フーミー)

小菅努のコモディティ分析 ~商品アナリストが読み解く「資源時代」~

小菅努(商品アナリスト)

小菅努

シカゴ穀物相場は天候相場型の値動きに、先行きは厳しいが天気予報に一喜一憂

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


           小菅努のコモディティ分析
       ~商品アナリストが読み解く「資源時代」~

  2022年6月22日(水)発行
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


===================================
 シカゴ穀物相場は天候相場型の値動きに、先行きは厳しいが天気予報に一喜一憂
===================================

<天候相場はまだ続く、ラニーニャ現象は続いている>
CBOTトウモロコシ先物相場は、6月1日の1Bu=720.50セントをボトムに17日には800.00セントの節目ちょうどまで急伸する展開になっていたが、21日安値は752.25セントに達する急落地合になった。6月18~20日は週末と新しく制定された連邦祝日Juneteenth National Independence Day(奴隷解放日)による3連休だったが、この3日を挟んでトウモロコシ相場の地合は一変した。連休を挟んで50セント幅の急落地合が形成された理由は、米穀倉地帯の気象予報の変化のみだ。


米気象庁(NWS)の17日時点の6~10日予報では、月末にかけて米穀倉地帯では平年を上回る高温が予想されていた。降水量も平年並みかそれを下回る水準が予想されており、不作リスクを高める「ホット・アンド・ドライ(高温乾燥)」傾向が強まると予想されていた。米穀倉地帯では作付けから発芽を終えて、生育ステージに突入しているが、6月下旬の段階でホット・アンド・ドライの脅威に向き合う必要性が浮上したことが、投機筋の物色意欲を高めていた。

…
…
…(記事全文2,791文字)
  • この記事には続きがあります。全てをお読みになるには、購読が必要です。

    購読中の読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • 価格:419円(税込)

    今月配信済みの記事をお読みになりたい方は定期購読を開始ください。
    お手続き完了と同時に配信済み記事をお届けします。

    定期購読する

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2022年のバックナンバー

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2022年6月19日に利用を開始した場合、2022年6月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2022年7月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する