Foomii(フーミー)

山田順の「週刊:未来地図」 ― 日本は、世界は、今後どうなっていくのでしょうか? 主に経済面から日々の出来事を最新情報を元に的確に分析し、未来を見据えます。

山田順(ジャーナリスト・作家)

山田順

就活で言われているすべてのことが間違い!2025年に必要な人材とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              山田順の「週刊:未来地図」

                        No.015 2012/12/18

  就活で言われているすべてのことが間違い!2025年に必要な人材とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 街でリクルートスーツ姿の学生を見かけます。今年は解禁が12月1日になり、就活とクリスマスシーズンがいっしょにやってきたからです。そこで、今回は未来を見据えた「就活」について考えます。
 最近では、「内定は親子で勝ち取るもの」として、親の参加も必要とさかんに言われています。はっきりいってバカげていませんか? ともかく、現在、日本で行われている「就活」は、未来を考えればすべて間違っているとしか言いようがありません。

[目次] ──────────────────────────────────

■落ちるたびに自分が嫌になり、また頑張るの繰り返し
■学歴不問といって実際は学歴順に採用する
■子供といっしょに面接練習しても無意味
■これが、採用側が使っている大学ランキング
■「男子は金融、女子は化粧品会社」にエントリー
■「3年以内に3割が辞める」と想定して採用
■誰もが同じ行動を取らなければならない壮大なムダ
■誰もが自分は平凡だということを認めたくない
■「キミはこの世界でたった一つの存在」という欺瞞
■じきにサラリーマンもOLも消滅するのは確実
■今後生きていくために必要な「3つのE」とは?
■「ジョブレス・リカバリー」はなぜ起こったか?
■進む『ワーク・シフト』に対応することが求められる
■10年後、20年後を見据えてすべきこと

───────────────────────────────────―――

■落ちるたびに自分が嫌になり、また頑張るの繰り返し

 12月に入ってから、都内の目ぼしいイベント会場では、企業の合同説明会(ゴーセツ)が目白押しだ。それ以外にも、業界ごとの説明会、企業グループや企業単体の就活セミナーなどが、ひっきりなしに開かれている。そうした会場付近では、リクルートスーツ姿の男女学生が、スマホ片手に飛びまわっている。

 その姿を見るたびに、私は、胸がキュンキュンと痛む。数年前、私の娘も同じように就活をやっていたからだ。彼らと娘の姿がダブる。
ああして頑張って、結果的に何十社も落ちる。落ちるたびに、自分が嫌になり、それでもなんとか頑張る。これの繰り返しが、GWまで続く。日本の就活は、学生になんて残酷なのだろうか?と思う。

 新聞や雑誌では、就活の特集が花盛りだ。現在、「内定を勝ちとるノウハウ」が、企業の人事部、大学の就職課、リクルート企業、先輩社員、専門家などによって、「ああでもないこうでもない」と語られている。本当に、いろいろな意見、考え方があるのには、びっくりする。
 
■学歴不問といって実際は学歴順に採用する

 しかし、現在の日本の就活において、「内定を勝ちとるノウハウ」などはないに等しい。こうやれば確実に就職できるなどという方法など、あり得ないのだ。
 というのは、いまのシステムでは、初めから就活で内定を取れる学生、取れない学生は決まっているからだ。受験と同じで、すでに大学ランキングは完成していて、下流大学卒業学生は、二、三流企業、中小企業止まり、一流大学卒業学生は一流企業、トップ企業OKと決まっているからだ。

 したがって、下流学生は就活の季節になってから、慌てて努力してもムダである。まして、テクニックだけではこの壁は越えられない。

 ただ、このことをいきなり言ってしまうと、下から一発逆転、這い上がって来る学生がいなくなってしまうので、そういった学生も少しは必要だから、誰も口にしない。学歴不問といって実際は学歴順に採用し、一部、下からの這い上がり組を入れる。
 これが、名だたる一流企業、トップ企業のやり方だ。

■子供といっしょに面接練習しても無意味

 それなのに、最近の風潮は、「親子で勝ち取る内定」などと言って、子供だけにまかせていたら、この就職氷河期は乗り越えられないのだと、親を就活に引きずり出す。冗談ではない。親が子供を助けられるのは、コネしかなく、子供といっしょに面接練習などをしてもなんの効果もない。

 実際、私も娘といっしょにやってみたが、かえって逆効果だった。本人が自分なりに考えたこと、思ったことのほうが、親が教えたもっともらしい答えより、よっぽど面接では効果がある。

 ただ、親ができることは、子供の悩みを聞いてあげること。そうして、落ち込まないように、体調を崩さないように、見守ることだ。そして、前記したように、コネがあるなら、それを使うことだ。

■これが、採用側が使っている大学ランキング
…
…
…(記事全文8,493文字)
  • バックナンバーを購入すると全文読むことができます。

    購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • 価格:210円(税込)

    ひと月まとめて購入するとさらにお得です。

    価格:855円(税込)

    2012年12月分をまとめて購入する

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2020年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

2018年のバックナンバー

2017年のバックナンバー

2016年のバックナンバー

2015年のバックナンバー

2014年のバックナンバー

2013年のバックナンバー

2012年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2020年6月19日に利用を開始した場合、2020年6月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2020年7月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

継続利用で1ヶ月目無料とは

初めてご利用される場合、2ヶ月以上の継続利用をしていただくと、最初の1ヶ月分のご利用料金が無料となります。詳しくは「継続利用で1ヶ月目無料」をご覧ください。

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する