Foomii(フーミー)

ビジネス知識源プレミアム:1ヶ月ビジネス書5冊を超える情報価値をe-Mailで

吉田繁治 (経営コンサルタント )

吉田繁治

ビジネス知識源プレミアム:中国経済の隠された面を論じる

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
<1ヶ月にビジネス書5冊を超える知識価値をe-Mailで>
ビジネス知識源プレミアム(週刊:648円/月):Vol.948

<948号:中国経済の、隠された面を論じる>

2018年07月04日:中国企業の負債の巨大化

EPUBダウンロード:http://foomii.com/00023-47459.epub
ウェブで読む:http://foomii.com/00023/2018070510000046951
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホームページと無料版申し込み http://www.cool-knowledge.com
有料版の申込み/購読管理 https://foomii.com/mypage/

著者へのメール    yoshida@cool-knowledge.com
著者:Systems Research Ltd. Consultant吉田繁治
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

おはようございます。3週間前、6月12日の米朝首脳会談では、日本が強く期待している「朝鮮半島の完全な非核化」がうたわれました。

しかし具体的なスケジュールと方法への声明はなく、北朝鮮は「核廃棄」を約束したのです。米軍の韓国撤収とセットになっていたものです。トランプの政治姿勢は、クリントンと逆の、反軍産複合体です。

1か月も経たないうちに、「核施設の改修と隠蔽工作」が、明らかになっています。トランプ大統領は「完全な非核化が始まっている」としていますが、米国防情報局関連の機関「38ノース」は、「寧辺(ニョンビョン)の核施設でウラン濃縮の作業を続けている(18年7月)。核弾頭や生産施設の隠蔽も行ってきた(18年5月、6月)」発表したのです。

金正恩氏は、韓国と日本から援助金を得る目的もあって、表向き、「先軍思想(軍事費優先の経済)から経済重視に転換した映像」を見せています。しかし、核開発を廃絶して既存の核とミサイルを廃棄するつもりは、もともとない。核がなくなれば、独裁体制が崩されて殺されると考えているからです。この暗殺への恐怖は、尋常ではない。フセインとカダフィを見てきたからです。

米国筋にも北朝鮮には「核の完全廃棄」の意思がないことは明確でした。トランプは無視し、アイマイな言葉の「北朝鮮の非核化」にサインしたのです。南北首脳会談で使われていたのと同じ言葉でした。歴史的な会談という騒ぎはあっても、一歩も進んでいません。トランプがなぜ、この会談を行ったのか。

10月の米国中間選挙を目的とするものであり、(嘘の)成果を華々しく伝え、共和党が多数を失う危険水域の、選挙支持率を上げることを目的にしていたからです。

以下の可能性が考えられます。

(1)トランプは、金正恩が「朝鮮半島の非核化」という言葉を使ったことを、「北の完全な核廃棄」と、勇み足で考え共同声明を結び、歴史的な成果と宣伝した。「顔を見れば一瞬でわかる」ことはないのです。

核廃棄のつもりがない金正恩は、「朝鮮半島の非核化」という言葉で、中国の要求でもある米軍の韓国からの撤退を意味していた。
…
…
…(記事全文11,437文字)
  • バックナンバーを購入すると全文読むことができます。

    購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • 価格:258円(税込)

    ひと月まとめて購入するとさらにお得です。

    価格:648円(税込)

    2018年7月分をまとめて購入する

今月発行済みのメルマガ

ここ半年のバックナンバー

2018年のバックナンバー

2017年のバックナンバー

2016年のバックナンバー

2015年のバックナンバー

2014年のバックナンバー

2013年のバックナンバー

2012年のバックナンバー

2011年のバックナンバー

2010年のバックナンバー

このメルマガを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたメールマガジンのすべての記事を読むことができます。2018年12月19日に利用を開始した場合、2018年12月1日~19日に配信されたメールマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2019年1月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する