Foomii(フーミー)

手にとるようにすぐわかる! どん底マスター中島孝志の「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」

中島孝志(作家・コンサルタント etc)

中島孝志

FOMC3月利下げ空振り金利反発→雇用統計景気堅調錯覚で米株最高値!日本株絶好調は外国人の仕掛け!新NISAいまだ始動せず!米地銀破綻危機→リセッション!どん底待ち伏せS・A・M・G・Aチャート解析!

『FOMC3月利下げ空振りで金利反発→株式・金価格下押しも「雇用統計→景気堅調錯覚」で米株最高値更新!日銀緩和継続で円キャリ加速!日本株絶好調は外国人の仕掛け!新NISAいまだ始動せず!米地銀破綻危機→リセッション!やっぱり怖かったBTP3/11終了宣言!イランリスクで金・原油じり高!ロシア資産没収の米欧合意で緊張激化!債券総売りで金利反発リスクオフ!「4月どん底待ち伏せS・A・M・G・A」チャート解析オンパレード!』です。

■お知らせがあります。

「中島孝志のオンオフサイトミーティング」を2/11(日・祭日・紀元節)に開催します。

時代は大きく転換しようとしています。いや、すでに転換してしまったのかもしれません。

■世界市場OUTLOOK

市場の注目はもちろんFOMC(1/30-31)。Fedパウエル議長発言で相場がガラッと変わりました(午後3時)。

「利下げ実施にはインフレ目標が安定して実現される必要がある。3月FOMCまで確信にいたっているとは考えにくい」

発言と前後して米長期金利は3.9%から4.2%に上昇。おかげで株価も金価格も下押しする始末。

「投資家が聞きたいメッセージよりハト派的でなかった」と市場の声。利下げ期待を打ち砕くひと言でした。

FOMCの議事録ですが、想定通りですよ。FF金利誘導目標5.25-5.50%も据置です。

もちろん、市場の関心事は「3月利下げあるやなしや」。しかし、これとてパウエル議長は否定を強調しています。つまり、次回FOMC(3/19-20)までに都合のいいデータは入らないよ、という意味です。「委員会では利下げの提案はなかった」とも・・・。

バークレイズ、バンカメ、ゴールドマン・サックス等、いずれも「3月利下げ(予測)」は取り下げ、「初回利下げは5-6月」と先送りしています。

ところが、CMEFedWatchはいまなお37.0%と「3月利下げ」を取り下げません。ということ

… … …(記事全文6,700文字)
  • この記事には続きがあります。全てをお読みになるには、購読が必要です。

    購読中の読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • 価格:11,000円(税込)

    このウェブマガジンはバックナンバーを販売していません。
    読みたい場合は定期購読を開始してください。

    定期購読する

今月発行済みのマガジン

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2024年2月19日に利用を開始した場合、2024年2月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISA Master JCB AMEX

銀行振込では、振込先(弊社口座)は次の銀行になります。

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する