Foomii(フーミー)

手にとるようにすぐわかる! どん底マスター中島孝志の「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」

中島孝志(作家・コンサルタント etc)

中島孝志

米政府機関閉鎖で市場大混乱!債券・株価・金価格はこうなる!長期金利じり高!金価格急落の真因は?どんぞこ銘柄M・F・B・S・Mチャート解析!

『米政府機関閉鎖で市場大混乱!米国発恐慌が怖くてFedは利上げ不可能!債券・株価・金価格はこうなる!FOMC・日銀会合通過で大幅調整は買われ過ぎが「まとも」になっただけ!長期金利じり高!金価格急落理由は・・・!「9月下落10月反発アノマリー」は的中する?「反発期待!どんぞこ銘柄M・F・B・S・M」チャート解析オンパレード!』


時代は大きく転換しようとしています。いや、すでに転換してしまったのかもしれません。

■日米株価パフォーマンス

■今回の市場OUTLOOK

「FOMC(9/19-20)」「日銀金融政策決定会合(9/21-22)」が通過したかと思えば、「米政府機関閉鎖懸念」が現実となってしまいました。これで11月FOMCで予定していた「利上げ」は吹っ飛ぶのではないでしょうか。

金融危機。ダウ30種平均は▼300ドル近くからなんとか下落幅を縮小して終わり。よくまあこんなもんで済みましたね。

はっきり言って、市場の楽観さ=能天気に呆れています。

■米市場OUTLOOK

ダウ平均反落。9月最終売買日。前日の流れを受けてダウは上昇スタート。しかし上値抑制。下落幅縮小はFedインフレ指標=8月度PCEデフレータが予想より低く、市場のポジティブ反応のおかげ。

Fedの金利高値維持観測で米国債利回り上昇、景気のソフトランディング期待後退、原油高、中国経済そして米政府機関閉鎖の現実化・・・米市場は厳しい展開。「9月下落10月反発」のアノマリーは、9月についてだけは的中。

米政府機関閉鎖が現実となったにかかわらず、市場は楽観主義=能天気。年中行事なので感覚がマヒしてるのかもしれません。ただし、2011年、2013年、2015年そして今年2023年・・・市場にどれだけ激震が走ったか、思い出したくもないから目をそらしているのかもしれません。

… … …(記事全文5,218文字)
  • バックナンバーを購入すると全文読むことができます。

    購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • 価格:11,000円(税込)

    ひと月まとめて購入するとさらにお得です。

    価格:30,555円(税込)

    2023年10月分をまとめて購入する

今月発行済みのマガジン

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2024年7月19日に利用を開始した場合、2024年7月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISA Master JCB AMEX

銀行振込では、振込先(弊社口座)は次の銀行になります。

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する