Foomii(フーミー)

ビジネス知識源プレミアム:1ヶ月ビジネス書5冊を超える情報価値をe-Mailで

吉田繁治 (経営コンサルタント )

吉田繁治

ビジネス知識源プレミアム:コロナショックが金融・経済の恐慌に

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
<1ヶ月にビジネス書5冊を超える知識価値をe-Mailで>
ビジネス知識源プレミアム(週刊:660円/月):Vol.1061

<1061号:コロナショックが金融・経済の恐慌に>

2020年3月25日(水):恐慌化する金融と経済

ウェブで読む:https://foomii.com/00023/2020032608000064912
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホームページと無料版申し込み http://www.cool-knowledge.com
有料版の申込み/購読管理 https://foomii.com/mypage/

著者へのメール    yoshida@cool-knowledge.com
著者:Systems Research Ltd. Consultant吉田繁治
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

花が売れていないというので、安くなっていたカサブランカを買ったのはいいのですが、25個くらいの緑の慎ましいつぼみだったユリが、1週間で大きくひらき、強いにおいと花粉を放って、食卓を占拠しています。何事にも「程度」がありますね。開くと1輪が大きいので、5輪くらいで十分でした。じっと見ていると、夏目漱石の名作『それから』の、言語による描写の名場面が浮かびます。

東京オリンピックが、1年くらい先に延期になりました。これは、3か月先の、6月には世界の新型コロナは、問題のないレベルまで収束しないというWHOの宣言でもあります。世界の戦いは、少なくとも秋まで長期化するということです(2020年の年内かもしれません)。

【武漢封鎖解除への疑念】
本拠地の武漢では、4月8日に都市封鎖を解除するという。香港の新聞(サウスチャイナ・モーニングポスト)は、「中国政府は、PCR検査が陽性でも無症状者(推計60%:筆者)は、感染数に入れていない」と非難しています。

武漢市当局の市民への携帯メールでは、「再び、感染数が増加してきた。警戒!」という趣旨のものが3回送られています。中国政府の数字は、経済統計を含み、従来から信用に足りません。封鎖を解いて、5万人はいるかもしれない隔離されていない無症状者から再び感染爆発しないかと案じられます。

決定的な治療薬がまだなく、抗体をもつ人がいないときのウイルス感染への対策は、交通の封鎖、都市封鎖、移動制限、外出禁止しかない。
人の移動が止まれば、人と法人、そして法人間の商取引である経済も止まります。実体経済の恐慌(売上と生産の急減と失業増加)が、金融危機を減るよりも、早く来てしまうのです。

典型的なものが、百貨店の売上減少50~60%です(20年3月推計)。世界の航空会社は90%減という。部品生産を含むと日本で546万人を雇用している自動車生産台数も-50%です。1929年から33年の大恐慌(世界恐慌)のときより大きな減少になっています。

【金融危機との違い】
1929年と、2008年からの経済危機は、いずれも、株と債券の下落が先にきて、不良債権の増加による金融危機のあとに、「商取引の減少」として起こったものです。今回は逆です。「新型コロナのパンデミック→人の移動の制限による、世界の、実体経済の取引の急減→世界株価と社債の下落→金融危機→世界の経済恐慌」になるプロセスです。

【新規感染のピークと収束の時期は不定】
…
…
…(記事全文16,994文字)
  • バックナンバーを購入すると全文読むことができます。

    購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • 価格:262円(税込)

    ひと月まとめて購入するとさらにお得です。

    価格:660円(税込)

    2020年3月分をまとめて購入する

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2020年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

2018年のバックナンバー

2017年のバックナンバー

2016年のバックナンバー

2015年のバックナンバー

2014年のバックナンバー

2013年のバックナンバー

2012年のバックナンバー

2011年のバックナンバー

2010年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2020年4月19日に利用を開始した場合、2020年4月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2020年5月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する