Foomii(フーミー)

藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~

藤井聡(京都大学教授・表現者クライテリオン編集長)

藤井聡

吉田神社と京都大学の学術成果との不可思議な関係 ~節分祭で考えた宗教と学問の本質的不可分性~

ウェブで読む(推奨):https://foomii.com/00178/2020020714050663460
////////////////////////////////////////////////////////////////

藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~

https://foomii.com/00178

////////////////////////////////////////////////////////////////


先週、熊野詣に行ってから、神社についてあれこれ事あるごとに考えてしまっているのですが、今週は、京都の京都大学の横にある吉田神社(というか、本当は、京都大学が、吉田神社が鎮座する吉田山のふもとに、つい最近おっ建てられただけですがw)の節分祭に、行ってまいりました。

このお祭り、京都では一番大きな節分祭で、節分の日の真夜中(11時~12時頃)、京都に住まう庶民が一年間お世話になったお札やらお守りやらを集め、京都一の大きなお焚き上げをする「火炉祭」(かろさい)を中心に、節分前日から翌日にかけての三日間行われます。

改めて調べてみると(恥ずかしながら今、初めて調べてみましたw)、室町時代から続いているお祭りだそうで、毎年、50万人の参拝客がお越しになるそうです。
http://www.yoshidajinja.com/setubunsai.htm

この吉田神社、ホントに京大の真横にある神社・・・というより、地理的に言うと京大の敷地のど真ん中に参道でキャンパスを南北に二分する格好で鎮座している神社で、意識するしないは別として、我々京都大学の先生や生徒は皆、この吉田神社の神々に吉田山の上から見守られながら勉学に勤しんでいる、という次第です。

ですので、普段、京大生にとってみれば、吉田神社は当たり前のように、なんだか分からないがただただそこにひっそりとあるものだと認識されている程度の存在なのですが、この節分祭だけは別。
…
…
…(記事全文5,733文字)
  • この記事には続きがあります。全てをお読みになるには、購読が必要です。

    購読中の読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • 今月配信済みの記事をお読みになりたい方は定期購読を開始ください。
    お手続き完了と同時に配信済み記事をお届けします。

    定期購読する

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2020年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2020年2月19日に利用を開始した場合、2020年2月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2020年3月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する