Foomii(フーミー)

適菜収のメールマガジン<支援版>

適菜収(作家)

適菜収

コンテンツ内容
①適菜収の徒然草(徒然草解読+時評+エッセイ)、
②ミニ対談(随時)、
③質疑応答コーナー

などを考えています。他の項目も増やしていく予定です。配信の経緯は下記もしくはサンプルをご覧ください。

「新しいパトロン文化としてのメルマガ」

実はだいぶ前から「メールマガジンを始めてみませんか」というオファーをいただいていた。すぐに手を出さなかったのは、そこに意味があるのかわからなかったからだ。例えば月に1000円をメールマガジンの購読に支払うのなら、新刊本が一冊買える。中古本なら4冊は買えるだろう。それに、メルマガをやっている人の多くは記事がたまったら単行本化するという。だったら、それを読めばいいではないか。

しかし、考え方が変わってきた。

今は本が売れない時代だ。私は2005年に最初の本を出したが、現在27刷になっている。その後も40冊以上の本を出しているが、最近はなかなか重版がかかりにくくなってきた。私の筆力が衰えたのではなく、他の作家も同じように、本が売れていないのである。

ある程度売れている本でも、すぐにアマゾンで1円になってしまう。音楽や映像は不正ダウンロードされたら1円にもならない。まじめにコンテンツを作っている人たちは損をしている。価格破壊は多くの業種で発生しているが、人々は生き延びるために、これまでとは違うやり方を選択せざるを得なくなった。

アイドル歌手のCDに握手会の招待券をつけた人もいる。楽曲の配信は宣伝と割り切り、ライブやコンサートで稼いでいるミュージシャンもいる。評論家を名乗っているような連中が、ほとんどギャラの出ないネット上の討論番組に出演するのは、講演の依頼が増えるからだろう。そこでは言論の質よりも、髪の毛を盛り上げたり、綺麗な和服を着たりすることが重要になる。

以前、ネトウヨがツイッターで「適菜収は安倍首相を批判することでカネを稼いでいる」と。アホなことを言ってはならない。どう考えても、安倍のヨイショ本を書いたほうが儲かるに決まっている。『奇跡の宰相―安倍晋三が日本を救う』みたいな本を書けば、自民党や政府が一定数を買い上げてくれる。しかし、良心を失うなら、そもそも文章を書く意味もない。別の仕事をやればいいだけだ。

ではどうすればいいのか。コンテンツの価値が分かる人に、正常な対価を払ってもらえばいい。メディチ家やハプスブルク家を例に出すまでもないが、文化はパトロンが維持してきた。よって結論は以下のとおりである。

①私と同じようなことを言っている同時代の作家はほぼゼロである(いるのかもしれないが、私は知らない)。よってメルマガというクローズドな場所で、考え方を共有するのと同時に、表舞台で自由な発言を続けるための基盤のために定期購読してほしい。

②本当のことを書くと仕事が減る。作家タブーには触れられない。私は敵を作ることが多いので、作家タブーのあるメディアでは自由な記事を書くことができない。たとえば、百田尚樹を批判する記事は、百田の小説を出している版元の雑誌では書くことができない。

③なお、本メルマガでは「すぐに役立つ」ような話は一切書かない。すぐに役立つ話はすぐに役に立たなくなる。「情報」が欲しいならネットで検索したほうが早い。情報は歴史という縦軸、世界という横軸の中に位置づけて初めて意味をもつ。歴史は豆知識の集積ではない。昨日今日明日と古代ローマは直接関連するものだ。そして先人との尽きることのない会話である。昆虫の脊髄反射レベルの文章が氾濫するSNSの世界だけで生きていたら、人間は確実にバカになる。

④通常コースの月額1,000円と支援金込みの月額5,000円があるが内容は変わらない。後者にはなんらかの特典をつけるかもしれないが、今のところは考えていない。適菜収の言論に価値があると思う人は、あるいはカネに余裕がある人は、支援金込みの月額5,000円のコースを選んでほしい。

通常版のご購読はこちらから

●適菜収のメールマガジン<通常版>
https://foomii.com/00171

タイトル
適菜収のメールマガジン<支援版>
価格
5,000円/月(税込)
発行
毎週月曜日+ 号外は木曜日
課金開始月
購読した月から ※2024年7月1日からの購読予約も可能です。
購読する

今月発行済みのマガジン

  • 2024年06月

ここ半年のバックナンバー

  • 2024年05月

  • 2024年04月

  • 2024年03月

  • 2024年02月

  • 2024年01月

  • 2023年12月

2024年のバックナンバー

  • 2024年05月

  • 2024年04月

  • 2024年03月

  • 2024年02月

  • 2024年01月

2023年のバックナンバー

  • 2023年12月

  • 2023年11月

  • 2023年10月

  • 2023年09月

  • 2023年08月

  • 2023年07月

  • 2023年06月

  • 2023年05月

  • 2023年04月

  • 2023年03月

  • 2023年02月

  • 2023年01月

2022年のバックナンバー

  • 2022年12月

  • 2022年11月

  • 2022年10月

  • 2022年09月

  • 2022年08月

  • 2022年07月

  • 2022年06月

  • 2022年05月

  • 2022年04月

  • 2022年03月

  • 2022年02月

  • 2022年01月

2021年のバックナンバー

  • 2021年12月

  • 2021年11月

  • 2021年10月

  • 2021年09月

  • 2021年08月

  • 2021年07月

  • 2021年06月

  • 2021年05月

  • 2021年04月

  • 2021年03月

  • 2021年02月

  • 2021年01月

2020年のバックナンバー

  • 2020年12月

  • 2020年11月

  • 2020年10月

  • 2020年09月

  • 2020年08月

  • 2020年07月

  • 2020年06月

  • 2020年05月

  • 2020年04月

  • 2020年03月

  • 2020年02月

  • 2020年01月

2019年のバックナンバー

  • 2019年12月

  • 2019年11月

  • 2019年10月

  • 2019年09月

  • 2019年08月

  • 2019年07月

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2024年6月19日に利用を開始した場合、2024年6月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2024年7月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISA Master JCB AMEX

銀行振込では、振込先(弊社口座)は次の銀行になります。

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する