Foomii(フーミー)

藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~

藤井聡(京都大学教授・表現者クライテリオン編集長)

藤井聡

日銀の利上げで国民の貧困化は確実。「岸田総理の選挙対策・世論対策のために利上げした」という理由くらいし思い当たらない程に、完全に間違った日銀判断である。

日銀が17年ぶりに「利上げ」することを決定しました。マイナス金利を解除すると共に、金融緩和のためのオペレーション(YCC・ETF買い入れ)のいくつかを終了することを決定しました。

 

報道を見ている限り、この決定を批判する声は、メディア上でもエコノミスト側からもあまり上がっていません。Yahooのアンケートでも、約50%が大いに評価すると回答しており、全く評価しないは27%に留まっています。

 

が…当方はまずこの一報を目に為た瞬間に、ツイッター上で

 

「予想されていたとはいえ、最悪です。

これで国民貧困化の加速は決定的です.」

 

と発信しました。

 

なぜなら、この日銀の判断のベースとなる状況認識が全く間違ったものだからです。

 

植田日銀総裁は、

 

「賃金と物価の好循環を確認し、2%の物価安定の目標が持続的・安定的に実現していくことが見通せる状況に至った」

 

という状況認識が、今回の利上げの理由だと発言しています。

 

しかし、「賃金と物価の好循環」なんて殆ど全く見られませんし、「2%の物価安定の目標が持続的・安定的に実現していく」だとか「全体としてはある程度の姿になる」だとかは到底予想できない状況なのです。

 

まず、実質賃金は今、22ヶ月連続で下落し続けています 

そしてその煽りを受けて、実質消費も下落し続けているのです!

画像

 

これのどこが「賃金と物価の好循環」だと言えるのでしょうか!?!?!?

 

物価は上がっているでしょうが、賃金は上がっていないのですから、そんな好循環なんて、どこにもないのです!!

 

日銀総裁は政策決定会合の委員達の目は節穴なのでしょうか?

 

別の言い方をすると、こうです。

 

… … …(記事全文3,827文字)
  • バックナンバーを購入すると全文読むことができます。

    購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • ひと月分まとめての販売となります。1記事のみの販売は行っていません。

    価格:880円(税込)

    2024年3月分をまとめて購入する

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2024年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2024年4月19日に利用を開始した場合、2024年4月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2024年5月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISA Master JCB AMEX

銀行振込では、振込先(弊社口座)は次の銀行になります。

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する