Foomii(フーミー)

藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~

藤井聡(京都大学教授・表現者クライテリオン編集長)

藤井聡

岸田内閣は「悪性インフレ」退治のために消費税を減税せよ!~MMTに基づく悪性インフレ退治論~

ウェブで読む(推奨):https://foomii.com/00178/2022062512255696109
////////////////////////////////////////////////////////////////

藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~

https://foomii.com/00178

////////////////////////////////////////////////////////////////

今、世間は「インフレ」「物価高」の話題で持ちきりとなっています。各党も今回の参院選挙にあたって、この物価高対策を盛んに主張しています。

今のインフレは「輸入価格の高騰」が原因です。だから、その価格高騰によって増加する消費者の支払いは全て「海外」に流出します。だから、その国民経済への被害を回避するためには、その「海外へのマネー流出分」を「政府が全て肩代わり」してやれば良いのです。

かくして、今のインフレ対策のために必要なのは、政府支出の拡大なのです。

最も手っ取り早い方法は、「消費税減税」による政府支出の拡大。ガソリン税減税も効果的です。

あるいは輸入品の価格高騰で「仕入れ費の拡大」に苦しむ各業者に対する給付金もまた効果的です。こうすれば、価格を上げなくてすむようになるからです。

かくして、減税と給付が必要なのであり、そのためにも、政府支出拡大を抑制する「プライマリーバランス規律」は凍結されねばならないのです。

しかし、自民党と公明党は、物価高対策をやるとは言いながら、減税を一切主張していないし、PB規律の堅持を高らかに打ち上げています。だから彼等の物価高対策は失敗することが確定しています。一方で野党の多くは消費税減税を打ち出し、かつ、PB規律についても危機時の凍結を基調としており、適正なインフレ退治が可能です。

したがって、今般の参院選挙において、物価高対策を願う国民が入れるべきor入れるべきで無い政党がどこかは、明確なのです。

……ところで、MMTは政府支出についてデフレの時に拡大、インフレの時縮小と主張してきました。したがって、MMTに従うなら今政府支出拡大を主張するのはオカシイ、という説が一部にあるようです。しかしこれは間違いです。なぜなら、MMTは悪性インフレ(あるいはスタグフレーション)については政府支出拡大で退治し、良性インフレに誘導していくことが必要だ、と主張しているからです。ついては以下、3年前に出版した拙著『MMTによる令和「新」経済論~現代貨幣理論の真実~』で昨今の物価高に対してどの様に対応すべしと論じていたかを紹介したいと思います。

まず、拙著ではインフレの時に政府支出の縮小、デフレの時に政府支出の拡大が必要だという事を論じた直後に『悪性インフレ対策 ~エネルギー・物流コストを縮減するインフラ整備と消費減税~』という説を儲け、次の様に論じていました。

『ただし、以上の取り組みをより円滑に進めるための市場環境がある。
…
…
…(記事全文4,430文字)
  • バックナンバーを購入すると全文読むことができます。

    購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • ひと月分まとめての販売となります。1記事のみの販売は行っていません。

    価格:880円(税込)

    2022年6月分をまとめて購入する

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2022年のバックナンバー

2021年のバックナンバー

2020年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2023年1月19日に利用を開始した場合、2023年1月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2023年2月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する