Foomii(フーミー)

藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~

藤井聡(京都大学教授・表現者クライテリオン編集長)

藤井聡

なぜ、大阪では「大阪都構想」が人気なのか? ~「豊田商事事件」的解説~

ウェブで読む(推奨):https://foomii.com/00178/2020092711350871308
////////////////////////////////////////////////////////////////

藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~

https://foomii.com/00178

////////////////////////////////////////////////////////////////

11月1日に大阪都構想の住民投票が行われます。このメルマガでも、この住民投票がなぜ行われたのかという経緯について解説さし上げました(https://foomii.com/00178/2020072618024669006)が、それは、公明党が自分の選挙区で維新に対立候補者を立てられたくないから、政治的な取引の結果、「対立候補を取り下げる代わりに維新の都構想に賛成してあげる」ということになった、というのが原因でした。

ですが、こういう説明をして納得して下さる方は、限られているのが現状です。なぜなら、そういう説明をする者(例えば、この場合では藤井)を「信頼」している人にはこういう説明は通じるのですが、そうでない方には、そういう説明はほとんど響かないからです。

一般の方の中には「藤井さんって維新が嫌いだからそういう風に思ってるのかもしれないけど、やっぱり、都構想は良い物だから、また、住民投票になったんじゃないの?」と思ってしまう方が多いのです。そしてもちろん維新を熱烈に支持する方は、「藤井は維新がいると自分に都合悪いから、維新をディスるようなこと言ってるだけだろっ!!」と思ってしまうようです。

とはいえ、この都構想の住民投票が決まった経緯は「真実」以外の何ものでもないですし、この問題を考える上でとても大切な論点です。ついては、本日は本メルマガの皆さん対象に、『なぜ、大阪維新の会が「大阪都構想」を推進するのか?』そして『なぜ、大阪には大阪都構想を支持する人がたくさんいるのか?』という点について、さらにさらに突っ込んで解説してみたいと思います。この問題を考える事は、民主政治というものがどれだけ愚かしい者なのかを過不足無く認識する上でとても大切な論点になるからです。

さて、上記メルマガでは、当方、この点について、次のように解説しました。

『言うまでも無く彼等はかつて単なる「新興勢力」であり、既存政党との差別化が党勢の維持拡大にとって必須であった。そしてその差別化のために彼等が案出したのが、「大阪都構想」であった。そして、他党が主張していないその大阪都構想という目新しい構想を派手派手しく主張し続けることで、有権者の支持を取り付け、それを通して党勢の維持拡大を図るというのが、彼等の基本的な戦略であった。』
…
…
…(記事全文6,582文字)
  • バックナンバーを購入すると全文読むことができます。

    購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • ひと月分まとめての販売となります。1記事のみの販売は行っていません。

    価格:880円(税込)

    2020年9月分をまとめて購入する

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2020年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2020年10月19日に利用を開始した場合、2020年10月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2020年11月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する