Foomii(フーミー)

適菜収のメールマガジン<通常版>

適菜収(作家)

適菜収

【号外】われわれは何をやるべきで、何をやってはいけないのか?
無料記事

ウェブで読む(推奨):https://foomii.com/00171/2019080318000057083



/////////////////////////////////////////////////////

☆適菜収のメールマガジン☆ 号外 2019年8月3日配信 

////////////////////////////////////////////////////////////////

 こんにちは。
 作家生活15年で単行本を40冊出した記念に、なにか新しいことをやろうと思って、「適菜収のメールマガジン」を始めました。
 
 開始前に、コンテンツについて説明します。
 号によって、どれをやるのかは決まっていませんが、今のところこんな感じです。

◎連絡事項
◎連載 「適菜収の徒然草」
◎連載 本日のネトウヨ
◎著名人とのミニ対談
◎連載 賢者の言葉
◎質疑応答コーナー
◎書籍・動画紹介
◎編集後記

 その他、購読者の方と連絡をとりあいながら、コーナーを増やしていく予定です。
 今のところ毎週1回の配信+随時で、メルマガを発行する予定です。



 人はなぜ本を読むのか?
 なにかを知りたいからだろう。
 では、なんのためになにかを知るのか。ここが利巧とバカの境目だ。バカは自分の立場をより強固なものにするために本を読む。自分の主張にそって効率よく情報を集め、知的に武装するわけだ。今の時代、都合のいい情報はピンポイントで手に入る。大学教授・弁護士・評論家……。膨大な知識を持つバカが目につくのも、読書に対する姿勢がかかわっている。
 一方、利巧な人間は自分の足場を疑うために本を読む。自分の思い込みを排除し、先人の知の遺産と会話を続ける。大切なのはゆっくり読むことだ。そして卑小なものを遠ざけ、偉大なものに呼吸を合わせる。自分の発想などたかが知れている。それを知るために、われわれは価値判断の連鎖の中に自分を位置づけようとするのである。ゲーテは「三千年の歴史から学ぶことを知らぬ者は闇の中にいよ」と言った。

 このメルマガの目的も同じです。
 すぐに役立つ「情報」を提示するのではなく、三千年の歴史に今の日本を位置づけ、判断の基準をそこに見出すことです。

 私は15年くらい新聞や雑誌で文章を書いています。そのほとんどは単行本に収録されているので、検証していただければ、基本的にすべての予想が的中していることがわかると思う。別に「私には先見の明がある」などと自画自賛してみせたいのではない。私のような凡人でも、過去に学べば、改革の熱狂に支えられた政治が行き着く先は明確に想像できる。実際、それは戦後の欺瞞と社会の腐敗の総決算ともいえる安倍政権を生み出した。

 スペインの哲学者オルテガ・イ・ガセットは言う。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 過去は、われわれが何をしなければならないかは教えないが、われわれが何を避けねばならないかは教えてくれるのである。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


 メルマガの登録、よろしくお願いします。

【創刊0号】「適菜収のメールマガジンは、これからどのように進化するのか?」は無料です。
https://foomii.com/00171/2019072618000056837

私がメルマガを始めた理由(「新しいパトロン文化としてのメルマガ」)はこちらを。
https://foomii.com/00171





////////////////////////////////////////////////////////////////
本ウェブマガジンに対するご意見、ご感想は、このメール宛に返信をお願いいたします。
////////////////////////////////////////////////////////////////
■ ウェブマガジンの購読や課金に関するお問い合わせはこちら
  info@foomii.com 
■ 配信停止はこちらから:https://foomii.com/mypage/
////////////////////////////////////////////////////////////////
著者:適菜収(作家)
ウェブサイト :http://tekina.starfree.jp/
Twitter : https://twitter.com/tekina_osamu
Facebook : https://www.facebook.com/profile.php?id=100004585838188
////////////////////////////////////////////////////////////////

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2020年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2020年6月19日に利用を開始した場合、2020年6月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2020年7月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

継続利用で1ヶ月目無料とは

初めてご利用される場合、2ヶ月以上の継続利用をしていただくと、最初の1ヶ月分のご利用料金が無料となります。詳しくは「継続利用で1ヶ月目無料」をご覧ください。

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する