Foomii(フーミー)

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

板垣英憲(政治評論家)

板垣英憲

世の中の動きと平仄をふむように、ウクライナの戦争も転換点に。部隊で生き残ったウクライナ兵115名が、何の支援もしない中央を批判、士気ゼロ、精神状態もおかしいと、司令部からの命令に不服従宣言。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

                         2022年5月16日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世の中の動きと平仄をふむように、ウクライナの戦争も転換点に。部隊で生き残ったウクライナ兵115名が、何の支援もしない中央を批判、士気ゼロ、精神状態もおかしいと、司令部からの命令に不服従宣言。(satoko女史)
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 これは、在米30年超の個人投資家satoko女史からの、「ウクライナ情勢」のトップ情報である。
 世の中の動きと平仄をふむように、ウクライナの戦争も転換点に入ってきた。ウクライナ兵の不服従宣言のビデオがまた出た。部隊で生き残った115名が、何の支援もしない中央を批判し、士気はゼロ、精神状態もおかしいと言い、司令部からの命令に不服従を宣言した。個人的にも兵士、特に義勇兵、徴兵で来た人たちが、何も支援しないゼレンスキーを批判するビデオを発表している。空からの支援、重火器による支援もないのに、最前線に送られているので、長くはもたないと言う。こうした不服従やゼレンスキー批判のビデオは、これから続々出てくるだろう。また、場所は不明だが、先週も、今回の徴兵で前線に送られたウクライナ兵の妻や母が大挙、地元の軍事務所に押しかけて抗議するビデオが出回った。事務所前で軍人2名につめよって、大声で抗議していた。先月マリウーポルで1000人以上のウクライナ軍の投降があったが、この調子では、ドンバスの前線での数千人単位の投降も時間の問題だ。


 報道関係も変化してきている。フランスのSud Radioというインターネット番組で、元軍人で医療ボランティアとして3週間ウクライナに行っていた若い男性が、マスコミ報道はおかしいと、自分の目で見たことを暴露していた。この人は、ウクライナ軍による戦争犯罪の数々も見たし、ブチャにも現地入りしており、ブチャのマスコミ報道が全部ウソなのも知っている。ウクライナ兵がナチスのSSの記章を付けていること、ロシア側の戦争捕虜を銃殺・拷問することも証言している。こうして、真実がドシドシ明らかになっていく。正式な停戦交渉は最近ないのだが、裏では、ロシアとウクライナ(=NATO)の交渉は続いていて、ロシア勝利は決定しているという話だ。ロシア軍の快進撃を考えれば当然だ。その上、プーチンは2015年にエイリアンから協力を申し出られたと言うので、技術関係だって、問題ない。そして、先週、NATOのストルテンベルク事務総長がコロナ陽性になった。ご存じのように、この本当の意味は、逮捕された、ということだ。ストルテンベルクは、退任後、自国の中央銀行総裁になるのが決まっている。軍事組織から中央銀行に移るというのもおかしな話だが、ご主人様は一緒だからね。とにかく、NATOもこれでお終いということだ。
 行動が常識外れのウクライナ軍は、最近のスネーク・アイランドの特攻でも、特殊部隊27名が戦死しているのだが、ロシア側の死体引き取り要請をいつものように無視している。今のところ、ロシア側もこれらの死体は埋葬してない。最近ウクライナ軍が撤退したルビジュネのザリヤ化学工場も、撤退の時に、地雷を埋めていった。この工場には原料の危険物50トンがあり、ロシア軍が地雷を踏めば、この一帯は化学兵器の大爆発になり、住民に大被害がもたらされる。
 評判の悪いのはウクライナ軍だけでなく、西側に避難したウクライナ難民も同じで、各国で問題を起こしている。ポーランドでは、とうとうウクライナ難民に殺された人も出た。土曜日の夜、ワルシャワで地元の若い女性を取り囲んでからんでいた、酔っ払いのウクライナ難民数名から、その女性を救い出そうとした地元の男性が、反対にウクライナ難民に襲われて、ナイフで刺されて死亡した事件だ。被害者の家族は、加害者の国籍を伏せるように、警察から圧力がかかっている。(そう言えば、ポーランドの大統領のデューダの祖父は、ウクライナのファシスト指導者であるステパン・バンデラの同志だった。血は争えない。)ドイツにはすでに70万人もウクライナ難民がいるのだが、ジプシーを同じ避難所に住まわせるなと抗議して、ハザールの本性を現している。ドイツの別の場所では、ウクライナ難民多数が入居している建物に、「Z」の印が書かれた(「Z」はロシアの今回の軍事作戦のこと)。住民の抗議の印だ。イギリスやフランスでも、白人地区に住まわせろと要求したり、とにかく評判が悪い。スペイン、イタリアでも、ロシア系住民を襲ったりしている。ラトビアの高級リゾートでも、ウクライナの高級車がずらっと並んでいる(金持ちが難民認定されて住みつく)。西側に避難したウクライナ人は、中西部地方にいたウクライナ系のウクライナ国民がほとんどだ(=ハザール)。それに対して、ロシアに避難した300万人は、ドンバスなど東部地方にいたロシア系の「ウクライナ国民」がほとんどで(=ロシア人)、こちらの悪行は全く聞かない。ロシア国内では、親戚・知り合いに身を寄せたり、ロシア側(政府、慈善団体、民間の篤志団体)が用意した宿舎(ホステルやビジネスホテル程度で、西側諸国でウクライナ難民が要求するような高級ホテルではない)に3食、レクリエーション付きで滞在している。ドンバスではウクライナによる銃撃・爆撃が続き、居住できる状態ではなくなっているので、いまだに、毎日数万人がロシアに避難している。
◆〔特別情報2〕
…
…
…(記事全文6,243文字)
  • バックナンバーを購入すると全文読むことができます。

    購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • 価格:105円(税込)

    ひと月まとめて購入するとさらにお得です。

    価格:1,048円(税込)

    2022年5月分をまとめて購入する

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2022年のバックナンバー

2021年のバックナンバー

2020年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

2018年のバックナンバー

2017年のバックナンバー

2016年のバックナンバー

2015年のバックナンバー

2014年のバックナンバー

2013年のバックナンバー

2012年のバックナンバー

2011年のバックナンバー

2010年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2022年8月19日に利用を開始した場合、2022年8月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2022年9月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する