Foomii(フーミー)

藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~

藤井聡(京都大学教授・表現者クライテリオン編集長)

藤井聡

日本は戦後、アメリカの「事実上の植民地」になっている。その実態を、横須賀・横浜・横田の実態から確認してみました。

ウェブで読む(推奨):https://foomii.com/00178/2022082122491098426 //////////////////////////////////////////////////////////////// 藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~ https://foomii.com/00178 //////////////////////////////////////////////////////////////// このお盆に、書き上げよう……と思っていた出版企画があります。 残念ながらお盆が終わるまで書き切れず、今、最後の追い込みをかけているのですが……その仮タイトルは 『日本はこうして滅び去る  ~こんなにヤバイ、「反成長」と「平和主義」』 というもの。 その中で、日本が如何にアメリカ、そして中国の両国の、事実上の「属国」になりつつあるのか、を様々な角度から検証し、事実上の「植民地」となっているのかを論じているのですが……その中で改めて、日本にとって「老舗の宗主国」であるアメリカに、どういう風に、事実上の植民地支配を受けているかを……あれこれ纏めました。 今日はそのあたりのお話を、少しご紹介しようと思います。 まず、植民地とは、領土や領空という「資産」等についての主権を放棄し、その資産の利活用を宗主国の好き放題にさせる……というものです(なお、資産以外にも、資源、需要について同様に好き放題にさせるというのが、植民地というものです)。 この視点で言うと、日本は残念ながら、米国の事実上の植民地の位置づけにある……というのが、本書のポイントになっています。 もちろん、日本は独立国である、と何となく思っている国民の法が一般的だと思います。 しかし、よくよく考えて見ると、日本の貴重な「資産」が、アメリカのために接収されてしまっているのであり、アメリカによる日本の事実上の植民地支配が、かの第二次世界大戦の日本の敗北以後のこの戦後期に固定化されてしまっているのが実態だと考えざるを得ない訳です。
… … …(記事全文4,626文字)
  • バックナンバーを購入すると全文読むことができます。

    購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • ひと月分まとめての販売となります。1記事のみの販売は行っていません。

    価格:880円(税込)

    2022年8月分をまとめて購入する

予約販売中のマガジン

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2024年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2024年6月19日に利用を開始した場合、2024年6月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2024年7月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISA Master JCB AMEX

銀行振込では、振込先(弊社口座)は次の銀行になります。

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する