Foomii(フーミー)

藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~

藤井聡(京都大学教授・表現者クライテリオン編集長)

藤井聡

長州出身の矢野財務次官がバラマキ批判において吉田松陰の「やむにやまれぬ大和魂」という言葉を使ったことこそ、許されざる「大罪」である。

ウェブで読む(推奨):https://foomii.com/00178/2021112122080187668
////////////////////////////////////////////////////////////////

藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~

https://foomii.com/00178

////////////////////////////////////////////////////////////////

長州出身の矢野財務次官がバラマキ批判において吉田松陰の「やむにやまれぬ大和魂」という言葉を使ったことこそが、許されざる「大罪」である。

この度、当方が編集長を務めております保守思想誌『表現者クライテリオン』が主催するシンポジウムが神戸・湊川神社で開催されました。当日は100名以上の聴衆の方にお集まりいただき、大盛況の内に終えることができたのですが、このシンポジウムの前に編集部、スタッフ一同、シンポジウムの成功、ならびに言論活動の旺盛なる発展を祈念して、湊川神社にお参りいたしました。

湊川神社とは、楠木正成公がお祭りされている神社です。当方この度始めてお参りすることができたのですが、大変有り難いことに湊川神社の宮司に神殿で祈願いただいたのみならず、境内を丁寧にご案内いただきました。

楠木正成公は若き頃に後醍醐天皇に謁見した折りに、陛下を生涯守り抜くと決意します。その後、後醍醐天皇は北条率いる鎌倉幕府によって隠岐の島に流罪となるのですが、楠公はその醍醐天皇を救い出さんがため、あらん限りの知と情と意の力を用い僅かな軍勢にも関わらず千早城、赤坂城の戦いを経て幕府軍を打ち破り、後醍醐天皇の復権を成就させます。

しかしながらその後、足利尊氏が後醍醐天皇を裏切り、再び失脚に追い込まんとするのですが、楠公は後醍醐天皇の再復権を企図し、十万の軍勢で攻めあげてきた足利氏を僅か七百の手勢で迎え撃ち、壮絶な戦いの据えあえなく敗れ、最期に「七生までただ同じ人間に生れて、朝敵を滅さばやとこそ存候へ」(七生報国)という言葉を残し、自刃したのでした。

当方、小学校の4,5年頃、楠木正成公のこうした生涯が描かれた歴史的戦記物「太平記」を読み、楠木正成公の勇気と胆力、知力と情念、そしてその生き様死に様に表れ出でる誠の忠心に、稚拙と言う他なき幼き身ではあるものの大いに感銘を受け、生きるに足る人生とはかくなるもの也との大きな感化を受けたのでした。

そんな当方にとってみて、今回の湊川神社参拝は大変に印象深く、意義深いものとなりました。楠木正成公の生涯に改めて思いを馳せつつ斯様な楠木氏の生涯に、様々な歴史上の偉人達が大きな感化を受けている史実を知り、その偉大さを改めて認識したのでした。

中でも特に印象深かったのが、かの吉田松陰がおそらくは当方が感じたものと同種のものであろう感化を楠木正成公から大いに受け、(同じく同種の感化を受けたであろう)水戸光圀公が建立した楠木正成公の墓碑に四度、お参りしていたという事実でした。

長州から神戸までの何百キロにも及ぶ遠大な距離を歩いて移動するしか無い江戸時代に幾度も往復するなど、吉田松陰の楠木正成公に対する思いの並々ならぬ大きさに改めて深い感銘を受けたのでした。

吉田松陰と言えば、その生涯の短さとは裏腹に、明治維新、そして明治政府に巨大な影響を与えた人物です。このことはつまり、その後の日本の国の有り様に決定的に重要な影響を与えた日本の歴史上の超重要人物の一人だということでありますが、その吉田松陰が斯様な巨大な感化を楠木正成公から受けていたという事実は、そのまま楠木正成公の日本の歴史に対する影響の尋常ならざる甚大さを改めて指し示すものであります。

さて、その吉田松陰の言葉として有名なのが「やむにやまれぬ大和魂」という言葉です。
…
…
…(記事全文5,425文字)
  • バックナンバーを購入すると全文読むことができます。

    購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • ひと月分まとめての販売となります。1記事のみの販売は行っていません。

    価格:880円(税込)

    2021年11月分をまとめて購入する

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2021年のバックナンバー

2020年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2022年1月19日に利用を開始した場合、2022年1月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2022年2月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する