Foomii(フーミー)

藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~

藤井聡(京都大学教授・表現者クライテリオン編集長)

藤井聡

菅総理の「私の理念は自助・共助・公助」発言はなぜ、許し難いのか? ~これもまた大阪都構想と深く関わる問題です~

ウェブで読む(推奨):https://foomii.com/00178/2020102408410372299
////////////////////////////////////////////////////////////////

藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~

https://foomii.com/00178

////////////////////////////////////////////////////////////////


菅総理が、総理になるにあたってあなたの政治理念は何ですかと問われ、そこで菅総理自身が口にしたのが「自助・共助・公助」でした。

つまり菅総理は、総理大臣になるにあたって、自助・共助・公助の理念にそって日本政府の行政全般を取り仕切るのだと宣言したわけです。

この言葉は、当方の専門の一つである「防災」において幅広く使われている一般的概念。

地震や洪水から人々の身や財産や仕事を守るのが「防災」というものですが、その防災の内、

政府が行う防災を「公助」、
人々の助け合いを通して行う防災を「共助」、
そして一人一人が我が身を守る身を守るために行う防災を「自助」、

と言うのです。

言われてみればこれは至極当たり前の話で、防災は、政府だけがやれば良いというのではなく(=公助だけでなく)、一人一人も頑張って身を守らないといけないし(=自助も必要)、お互いの助け合いも大切だ(=共助も大切だ)、という話。

だから、別に政治家菅一個人が、この当たり前の話を政治信条にしていたもいいじゃないか-――と思われる方は多かろうと思います。

・・・がこれはホントに許し難い話なのです。

…
…
…(記事全文4,818文字)
  • バックナンバーを購入すると全文読むことができます。

    購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • ひと月分まとめての販売となります。1記事のみの販売は行っていません。

    価格:880円(税込)

    2020年10月分をまとめて購入する

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2020年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2020年12月19日に利用を開始した場合、2020年12月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2021年1月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する