Foomii(フーミー)

藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~

藤井聡(京都大学教授・表現者クライテリオン編集長)

藤井聡

「消費税減税」が実現するシナリオを、真面目に具体的に細かく考えてみた。

ウェブで読む(推奨):https://foomii.com/00178/2020080118492069249
////////////////////////////////////////////////////////////////

藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~

https://foomii.com/00178

////////////////////////////////////////////////////////////////

コロナ感染症がこれから拡大しようがしまいが、日本政府が緊急事態宣言を発令しようがしまいが、兎に角、日本は消費税をゼロにするか、最低でも5%に下げなければ、恐るべき被害を受ける事になります。

消費税がゼロになるということは、日本国内の全商品・全サービスが10%OFFになることですから、もうそれだけで確実に「消費金額」は拡大します。しかも全ての価格が10%下がるわけですから、「実質所得」はさらにそれに加えて「10%」も拡大する事にもなります。こうして所得と消費が増えれば投資も増え、あらゆる産業の人々の暮らしが救われるのです。したがって、GDPは100%間違い無く、10%以上実質成長することになるのです。

だから10%消費税とコロナ自粛のせいで激しく傷付いた日本経済を立て直すのにもっとも効果的な方法が「消費税ゼロ」(あるいは、少なくとも5%消費減税)の決断なのです。

しかし、それは「政治力学」の視点から極めて難しく、その実現可能性は限りなくゼロに近いのではないか・・・とすら思えるのが現状です。もちろんいかなる困難であろうとそれを乗り越えていくのが政治なのですから諦める必要はありませんが、乗り越えるためにもどれだけ絶望的な状況なのかをしっかり認識する必要があります。ついては今日は(公表文書ではなかなか書きづらい)かなり突っ込んだところの議論も含めて、赤裸々に考えてみたいと思います。

(1)『「秋の総選挙」で、自民党が減税を掲げる』というパターン
まず、楽観的な側面から言いますと、消費税減税の芽は今確実にあります。何と言っても自民党の中に、100名近くの「消費税減税派」が存在しているからです。そして野党の中にも、国民民主党と令和新選組、そして、共産党らの中に、明確に消費税減税を主張している勢力があります。

…
…
…(記事全文5,969文字)
  • この記事には続きがあります。全てをお読みになるには、購読が必要です。

    購読中の読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • 今月配信済みの記事をお読みになりたい方は定期購読を開始ください。
    お手続き完了と同時に配信済み記事をお届けします。

    定期購読する

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2020年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2020年8月19日に利用を開始した場合、2020年8月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2020年9月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する