Foomii(フーミー)

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

板垣英憲(政治評論家)

板垣英憲

経済制裁でロシア関係の資産が西側諸国で凍結。ゼレンスキー顧問「ウクライナ再建費用としてよこせ」と言い始める。ウクライナに投入されたお金は、いつもどこかに消え、国民には絶対に届かない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

                         2022年4月7日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経済制裁でロシア関係の資産が西側諸国で凍結。ゼレンスキー顧問「ウクライナ再建費用としてよこせ」と言い始める。ウクライナに投入されたお金は、いつもどこかに消え、国民には絶対に届かない。(satoko女史)
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 これは、在米30年超の個人投資家satoko女史からの、「ウクライナ情勢」のトップ情報のつづきである。
 ロシア派の証拠である白い腕章だが、最初は何かわからなかった。戦闘の時に、敵味方を見間違えないように、ロシアは白、ウクライナは水色の腕章を一つと、足にも一つ膝の上か下あたりに、巻いている。最初の頃は、白布だったが、最近は、包帯が多い。チェチン兵は、ロシア軍に属するので、当然、白だ。もっとも、軍でも司令官はさすがに白い腕章はつけていない。このロシアの白色なのだが、他に赤と黒もあると聞いている。確かに、数ある戦闘動画で、赤色の腕章のロシア兵も2回見た。赤は人身売買征伐、黒はデータ捕獲の作戦で、地上で交戦という訳ではない。そのうちに詳細はわかってくるだろう。ロシア兵の中には、個人的に「聖ゲオルギーのリボン(オレンジと黒の縞柄のリボン)」をどこかに付けて、闘っている人もいる。第2次世界大戦でナチスと戦ったことを、孫の世代でもまだ記憶しているのだ。


 また、市民側でも、開放地区の住民はロシア派であることを示すために、白い腕章をつけている。そして、避難する市民の自動車も、アンテナやサイドミラーなどに、白布をしばりつけてヒラヒラさせている。他に、ロシア軍は識別のために、「Z」と「V」を使っている。最近は、防弾チョッキにも「Z」のワッペンがついている。この「Z」が何を意味するのかは諸説あるのだが、「Za Mir(平和のために)」というのが有力だ。様々な兵器(小銃器ではなく、戦車や兵員輸送の装甲車や兵站用トラックなど)にこの「Z」が大きく白で書かれている。ウクライナ軍から捕獲したものは「Z」を書き入れる。ウクライナ軍は、迷彩色にインベーダーゲームのようなのを使っているので、ロシア軍の捕獲品であることを示すためには「Z」が必要だ。もっとも、ウクライナ軍が「Z」をいくつも書いた戦車を使って偽旗をやっているのも見たが。
◆〔特別情報2〕
 ウクライナ軍は、過去8年間にドンバスの住民が出て行かないように、国境地帯に大量の地雷を埋めていたが、今回も逃げる時に地雷をまいていっている。ロシア軍による地雷の処理は始まったばかりだ。とりあえず、畑は種まきができない。都市部の公園の遊具にも地雷を巻き付けて逃げている。またマリウーポルからドニエツク方面に向かう道路にも、あちこちに地雷をまいている。避難民は、地雷の数が少ない道路は、注意しながらジグザグ運転だ。時には、100個くらい道路上に置いてあることがあり、信じがたいが、避難民は地雷をまたいで自動車を運転している。
 ロシア国内の石油施設が爆撃されたのは、ロシア側の偽旗作戦のような気もするが、ウクライナ国内の石油施設関係では、先日、製油所が爆撃されたことで、ウクライナ軍は管理下の地域では石油の補給ができなくなった。兵站補給路も絶たれており、銃器または銃弾がなくなりつつある。上官が真っ先に逃げ出していることもあり、ウクライナ軍兵士の士気は全く消失している。もともとアゾーフのナチスと違い、生活のために兵隊になった人がほとんどなので、無駄死にはしたくない。このところ、兵士の大量投降が続いているのは、ウクライナ軍の司令とアゾーフの監視員が逃げ出したからだ。
…
…
…(記事全文3,138文字)
  • バックナンバーを購入すると全文読むことができます。

    購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • 価格:105円(税込)

    ひと月まとめて購入するとさらにお得です。

    価格:1,048円(税込)

    2022年4月分をまとめて購入する

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2022年のバックナンバー

2021年のバックナンバー

2020年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

2018年のバックナンバー

2017年のバックナンバー

2016年のバックナンバー

2015年のバックナンバー

2014年のバックナンバー

2013年のバックナンバー

2012年のバックナンバー

2011年のバックナンバー

2010年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2022年8月19日に利用を開始した場合、2022年8月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2022年9月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する