Foomii(フーミー)

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

板垣英憲(政治評論家)

板垣英憲

新型コロナ「中等症」原則入院と言っても、入院先が決まらなければ結局、自宅療養になる。いま独居で生活をしている人が一番に準備しておくべきことは「キーボックス」だろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

                         2021年8月6日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新型コロナ「中等症」原則入院と言っても、入院先が決まらなければ結局、自宅療養になる。いま独居で生活をしている人が一番に準備しておくべきことは「キーボックス」だろう。
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 新型コロナ感染者が急拡大するなか、政府は重症患者、重症化リスクの高い人以外は自宅療養を基本とする新たな方針を発表し、政府関係者や専門家の方々の口から「訪問看護」という言葉を耳にするようになった。
 いまコロナに感染して重症化のリスクが心配されるのが四十代、五十代といわれおり、なかには介護を経験している人もいる世代であり、「訪問看護制度」について知っている人もいるだろう。ただ介護未経験の人にとって「訪問看護」は恐らく耳慣れない「制度」である。「訪問看護制度」の利用については後述するとして、まずは自宅療養で往診や訪問介護といった制度を利用する、さらにその前に、特に独居で生活をしている人の場合、一番に準備しておくべきことは「キーボックス」だろう。中等症Ⅰで「呼吸困難、肺炎の所見」中等症Ⅱで「酸素投与が必要」といわれている。PCR検査で陽性と判明して軽症から中等症まで悪化すると、往診や訪問看護師が来てくれたとしても、玄関まで鍵を開けに行くことすら困難なほど衰弱してしまっていることが想像される。そのため独居生活の人は絶対に「キーボックス」の用意が必要になってくる。
 とにかく、往診も訪問看護もそして救急車も、全て玄関が開かなければどうしようもない。管理人が常駐しているマンションであるとか、スマホの操作でドアの開閉ができるシステム導入をしていない限り、自分以外に玄関を開けてくれる人がいない人は、「キーボックス」を用意しておくことを推奨する。ホームセンターや、通販でも手に入る。せいぜい2千円程度。暗証番号を登録してボックスの中に、鍵を入れるようになっている。往診の担当医か看護師、訪問看護の人に暗証番号とキーボックスの設置場所を伝えて、訪問時に万が一応答がない場合は、キーボックスに入っている鍵で中に入ってもらうのだ。
これは、介護の現場でよく使われている方法で、歩行が困難になった要介護者が独居で暮している場合などで利用されている。


 自宅療養の政府方針の変更に対して与野党からは、撤回を求める声が出ているけれども、もはやそんなことを言っても現実的でない。選挙を意識した「掛け声」にしか聞こえない。撤回したところで、いまから有効かつ現実的な対策は打てないだろう。撤回して原則入院に戻せば、緊急手術が必要な患者の受け入れが断られるようになってしまう。心筋梗塞、脳梗塞、怪我など、緊急手術をしなければ助からない患者と命の選別に迫られることになる。
 政府は最終的に、中等症の患者でも酸素投与が必要な人などは入院の対象になるとし、最終的には医師が入院を判断するとしたようだが、すぐに入院先がみつからなければ、みつかるまで在宅医療で対応するしかない。
…
…
…(記事全文5,216文字)
  • バックナンバーを購入すると全文読むことができます。

    購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • 価格:105円(税込)

    ひと月まとめて購入するとさらにお得です。

    価格:1,048円(税込)

    2021年8月分をまとめて購入する

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2022年のバックナンバー

2021年のバックナンバー

2020年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

2018年のバックナンバー

2017年のバックナンバー

2016年のバックナンバー

2015年のバックナンバー

2014年のバックナンバー

2013年のバックナンバー

2012年のバックナンバー

2011年のバックナンバー

2010年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2022年10月19日に利用を開始した場合、2022年10月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2022年11月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する