Foomii(フーミー)

小川榮太郎「批評家の手帖から」

小川榮太郎(文藝評論家)

小川榮太郎

これだけあるテロリスト承認=礼賛発言(1)公的支援で持てない全男性の彼女を作ってやれNHK
無料記事

ウェブで読む(推奨):https://foomii.com/00276/20230427090325108419 //////////////////////////////////////////////////////////////// 小川榮太郎の大放談「炎上御免!」 https://foomii.com/00276 ////////////////////////////////////////////////////////////////  最近作家で法政大学教授島田雅彦の「暗殺が成功してよかった」発言が一部で問題視され、私もYouTube動画で大きく取り上げた。  しかしなんとも日本の情報発信主権が完全に失われていると感じるのは、反安倍なら主流メディア、出版社、大学で何を言っても許される状況がもはや当たり前になっていることである。  法政大学は教育者としてあるまじきこの暴言を容認した。  些事としか言えないようなセクハラで大学教授が失職する時代に、失うもののない若い世代の希望喪失者らに大きなメッセージとなるこんな危険な暴言が許される、日本の頭脳集団は完全に病んでいる。  その流れを変えるべく、私はシンクタンク、日本文化サロン、YouTube発信、このメルマガをハイブリッド化して良識ある思考と発信のプラットホームを形成してゆく所存だ。  安倍氏暗殺を受け、私のセンサーが働いたため、すべてが同時発信となってしまっている。そのため、一つ一つを見ると不備だらけかもしれない。このメルマガも発信内容やペースにばらつきがあり申し訳なく思っているが、前記した総合的な発信のあり方へと整備しつつあるので、今少しご容赦ねがえれば幸いである。  さて、島田氏が発言を許されると感じたのは、彼の所属する界隈の連中がみんなこんな発言を内輪や酒場でしては、安倍さんの死をあざわらっていたからであろう。そしてそうした連中が主流をとっている大出版社の文壇や大学やメディアが暗殺容認の論調を主導してきたからであろう。  安倍さん相手ならどんな非人間的な発言も許されるとするこうした連中の存在そのものを私は許せない。  恥知らずという言葉の通じない非日本人の跋扈。  本当の大掃除が必要だ。  さて、以下ネットから拾えるテロリスト擁護の論調を何回かにわたり紹介しておこう。 〇NHKスペシャル 2022/10/2放送 高瀬耕造キャスターによる冒頭コメント: 「安倍元総理大臣が銃撃された事件をきっかけに、明るみに出た世界平和統一家庭連合、旧統一教会の問題。3か月にわたる取材によって深層が浮かび上がってきました。統一教会に強い恨みを募らせていたという山上容疑者。決して許されない凶行へと向かわせた25年には、信者の家族が抱える救いのない苦しみと孤独がありました」 (延々と統一教会の実態についての検証を続けたのちのまとめ) 高瀬キャスター: 「この事件が突きつけた問題の本質はどのようにお考えですか」 上越教育大学・塚田穂高准教授: 「主には2点あります。特に山上容疑者から得られることですが、自助とか自己決定、自己責任だと、どうにもならない悩みや問題を抱えていたたわけですね。家族や親族の手助けはあったんですが、それ以外、例えば共助・公助といった公的な支援につながることができなかったと。これは山上容疑者の場合だけではなく、やはりこの20年間社会全体が、“自助・共助・公助”の中で、とりわけ“自助”を強調してきたため、公的支援にたどりつかなかったことが問題の本質の1つだと思っています。一方で、この旧統一教会の献金の問題等も含めて、やはり弁護士や、一部のジャーナリスト、そして被害者家族というのは、警鐘を鳴らして鳴らし続けてきたわけですよね。ただそれが、ある種スルーされてきてしまった。すでに上がっている声に、どう耳を傾けるか、拾うか。とりわけ政治が。そういうことも浮き彫りになったのがこの問題だと考えています」 https://www.nhk.jp/p/special/ts/2NY2QQLPM3/blog/bl/pneAjJR3gn/bp/p1E47oYvoD/ https://www.nhk.jp/p/special/ts/2NY2QQLPM3/blog/bl/pneAjJR3gn/bp/pjNxKWNY8n/  この連中を私は狂人と呼ぶ。もし世界中の有識者がこの70年ヒトラーを狂人と呼んできたことが容認されるなら、彼らのロジックも狂気そのものだからである。  安倍氏暗殺事件において「自助”を強調してきたため、公的支援にたどりつかなかったことが問題の本質の1つ」ではない。  問題の本質は、日本の安全保障の砦だった政治家が無防備にも殺された事にあり、その後の警察発表の不可解さにあり、統一教会への問題すり替えが大規模で生じた事にあり、横並びで安倍氏暗殺を擁護するかの論陣が張られ続けていることにあり、こんな連中がNHKの言論を支配していることにある。    仮に山上の動機を受け容れるとして(私は背後勢力があると確信している)、公的支援に辿り着かない人間は無限にいる。  選挙制度のある国で、社会不満を理由にした暗殺を容認する番組をNHKが放映することは民主主義殺しそのものだ。  なんらかの動機があったから「暗殺」が起きた、事の本質をそのように犯人の動機に置き換え、あたかも暗殺の原因が安倍氏や安倍政治の側にあったかという印象操作が無限になされてきた。そんなことが許されれば、あらゆる殺人、強盗、強姦が許容される。 「絶対あってはならないテロであるが、悲惨な環境での25年がその背景にはありました」  こんな論理が許されるなら次の発言を全てNHKはあらゆる犯罪ニュースで流せ。 「絶対あってはならない強姦だが、どんな女性にも相手にされない悲惨で苦しい25年が犯行の背景にありました。 「絶対にあってはならない強盗殺人だが、誰にも解決しようのない貧困の25年が背景にはありました。」  公的支援で持てない全男性の彼女を作ってやれNHK。  公的支援で強盗の動機を全部解消して日本中の貧乏人に金をばらまけNHK。  私に言わせれば民主主義社会が8年におよび国家指導者として選出し、6階の国政選挙で信任し続けた安倍晋三という政治指導者の暗殺はびた1mmたりとも容認できず社会が全怒りを振り向けるべき事柄だ。安倍氏は日本の民主主義の象徴であり、安倍氏の暗殺は彼を信任してきた日本民主主義を全否定するものだからだ。  こんな番組、NHK会長以下全役員が辞職するレベルの不祥事である。  社会不満を解消するために、民主主義国では選挙があり、我が国は公正さの保たれた状態の選挙で国会議員のみならず、県会議員、そして市町村議会議員が選ばれている。  現代の日本は不平分子を具体的な政治家らが救えない環境にはない。    あえてこの連中のように動機論を展開するならば、民主主義において社会的不満を政治家に持込むという教育がなされておらず、NHKをはじめとする主流メディアが、政治家をけなし続け、良心的な政治家が懸命に仕事をしている姿を一切紹介してこなかった政治報道の極端な不備にこそテロの動機を求めるべきではないのか。  こうした言説が、岸田総理襲撃事件を呼び込み、今後もどこでどういう偶発的な暗殺事件が生じるかしれたものではない状況を加速している。  断罪し、社会から退場させない限り、日本の安全はこの連中によって突き崩される。(以下続く) //////////////////////////////////////////////////////////////// 本ウェブマガジンに対するご意見、ご感想は、このメールアドレス宛に返信をお願いいたします。 //////////////////////////////////////////////////////////////// 配信記事は、マイページから閲覧、再送することができます。ご活用ください。 マイページ:https://foomii.com/mypage/ //////////////////////////////////////////////////////////////// 【ディスクレーマー】 本内容は法律上の著作物であり、各国の著作権法その他の法律によって保護されています。 本著作物を無断で使用すること(複写、複製、転載、再販売など)は法律上禁じられており、刑事上・民事上の責任を負うことになります。 本著作物の内容は、著作者自身によって、書籍、論文等に再利用される可能性があります。 本コンテンツの転載を発見した場合には、下記通報窓口までご連絡をお願いします。 お問い合わせ先:support@foomii.co.jp //////////////////////////////////////////////////////////////// ■ ウェブマガジンの購読や課金に関するお問い合わせはこちら   support@foomii.co.jp ■ 配信停止はこちらから:https://foomii.com/mypage/ ////////////////////////////////////////////////////////////////

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2024年のバックナンバー

2023年のバックナンバー

2022年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2024年6月19日に利用を開始した場合、2024年6月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2024年7月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISA Master JCB AMEX

銀行振込では、振込先(弊社口座)は次の銀行になります。

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する