Foomii(フーミー)

電磁波・低周波音・化学物質のリスク

加藤やすこ(環境ジャーナリスト、いのち環境ネットワーク代表)

加藤やすこ

磁波のリスクを報告した研究者を中傷した教授に有罪判決

ウェブで読む(推奨):https://foomii.com/00226/2021050421000079709
////////////////////////////////////////////////////////////////

電磁波・低周波音・化学物質のリスク

https://foomii.com/00226

////////////////////////////////////////////////////////////////

2020年12月、ドイツのハンザ高等ブレーメン地域裁判所は、ヤーコプス大学アレクザンダー・ラーケル教授に対し、携帯電話電磁波の有害な影響を報告したヒューゴ・リューディガー教授(ウィーン医科大学)への、根拠のない中傷を止めるよう命じました。今後も中傷を続けると、25万ユーロ(約3300万円)の罰金、または6か月の禁固刑が課されることになります。また、ラーケル教授は、2万ユーロ(約260万円)の訴訟費用も払わなければいけません。

ラーケル博士は13年にわたって、根拠もないのに「実験データが捏造された」と、リューディガー論文を中傷してきました。これは「ウィーン事件」と呼ばれていましたが、ようやく決着がついたのです。

REFLEX研究に関わる論文への中傷
2000年から2004年にかけて、生きた細胞を低周波電磁波や携帯電話電磁波に被曝させ、どのような反応が細胞に起きるのかを調べるREFLEX研究が行われました。フランツ・アドルコファー博士の下で、7か国が参加する大規模な研究プロジェクトでした。研究費は総額で約3,15万ユーロ(約4億1400万円)で、その約65%を欧州連合(EU)が拠出しています。
…
…
…(記事全文2,579文字)
  • この記事には続きがあります。全てをお読みになるには、購読が必要です。

    購読中の読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • 価格:330円(税込)

    今月配信済みの記事をお読みになりたい方は定期購読を開始ください。
    お手続き完了と同時に配信済み記事をお届けします。

    定期購読する

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2021年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2021年5月19日に利用を開始した場合、2021年5月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2021年6月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

継続利用で1ヶ月目無料とは

初めてご利用される場合、2ヶ月以上の継続利用をしていただくと、最初の1ヶ月分のご利用料金が無料となります。詳しくは「継続利用で1ヶ月目無料」をご覧ください。

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する