Foomii(フーミー)

藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~

藤井聡(京都大学教授・表現者クライテリオン編集長)

藤井聡

【悲報】「自民党」こそ、日本を地獄に陥れる「緊縮&新自由主義」を最も強く支持する政党であることが京大調査より実証的に示された。

ウェブで読む(推奨):https://foomii.com/00178/2022062013084495913
////////////////////////////////////////////////////////////////

藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~

https://foomii.com/00178

////////////////////////////////////////////////////////////////

参議院選挙がいよいよあと20日、となりました。

今の日本は、かつて経済大国の地位にあったにも拘わらず、奈落の底に転落し続ける状況にあります。したがって、コロナやウクライナ情勢、エネルギー・食料品の物価高騰問題等、様々な問題はありますが、この転落を止めるために何をするのか、という点こそが、今回の選挙の最大の争点にならねばなりません。

そして、日本が転落し始めた原因、そして、その転落を止められない原因は理論的にも実証的にもハッキリと明らかになっています。

「PB規律」を導入しているからです。

すなわち、拙著『<令和版>プライマリーバランス亡国論』
冊子版:https://www.amazon.co.jp/dp/4594091806/
電子版:https://www.amazon.co.jp/dp/B0B4B29JF9/
で詳述している通り、国債発行を抑制・禁止する「PB規律」によって、我が国政府は今、消費増税とあらゆる支出カットを繰り返さざるを得なくなっており、その必然的な帰結として日本が転落し続けているのです。

したがって、本来あるべき最大の選挙争点は
「PB規律の凍結」
でなければなりません。

このPB規律について、各党はどの様な認識をもっているのか……これに関して、昨年10月に当方がユニット長を務める京都大学レジリエンス実践ユニットでは、各党代議士候補のアンケート調査を行い、大変興味深い結果を得ています。
http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/resilience/documents/policysurvey_2021.pdf

(ここでは、10人以上の代議士候補の回答が得られた、自民党、立憲民主党、共産党の3政党を取り上げますが)各党の性格の違いが最も現れたのが、次の質問でした。
…
…
…(記事全文5,949文字)
  • バックナンバーを購入すると全文読むことができます。

    購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • ひと月分まとめての販売となります。1記事のみの販売は行っていません。

    価格:880円(税込)

    2022年6月分をまとめて購入する

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2022年のバックナンバー

2021年のバックナンバー

2020年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2023年1月19日に利用を開始した場合、2023年1月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2023年2月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する