Foomii(フーミー)

藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~

藤井聡(京都大学教授・表現者クライテリオン編集長)

藤井聡

「私、ワクチン打った方が良いんでしょうか?」という質問を受けました。当方が「即答」したその内容と理由を詳述します。

ウェブで読む(推奨):https://foomii.com/00178/2021060608274480984
////////////////////////////////////////////////////////////////

藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~

https://foomii.com/00178

////////////////////////////////////////////////////////////////

今、ワクチン接種が進められています。政府はこれを強力に推進しようとしていますし、TVメディアもこれを強力にプッシュしています。

一方で、「ワクチン接種に伴うリスク」もメディアでは取り上げられており、因果関係は立証されていないと言われていますが、接種後の死亡例も多数報告されています。

こうした状況の中、国民の反応は、概ねワクチンに肯定的である一方、ワクチンに懐疑的な見解を持ち、打たないと思っている国民、あるいは、打つべきか否かを迷っている国民もおられるようです。

この問題について先日、親しい80才以上の高齢者の親しい知人から電話があり、「藤井先生、ワクチンは接種した方がよいですか?ダメだという医者もいるし、打ったら良いよという医者もいるし、どっちかわからんのだよ。是非、藤井先生の意見を聞きたいんです。」という相談を受けました。

この友人、コロナについては全く頓着しておらず、いつもマスクを付けずに、コロナ前と全く同じ生活をしている方でした。

当方、言論活動としてワクチンについて言及することは今の所差し控えています。なぜなら、今の政府の「高齢者からワクチン接種を加速する」という方針が絶対間違えているという確信が持てないからです(※)。

(※ 当方、ワクチンについての言論は差し控える一方、「補償も不十分なまま徹底自粛させるという政府方針」について積極的な批判言論活動を展開しています。それは、そんな徹底自粛路線は大いに間違いであるリスクが甚大にあると確信しているが故です。当方は、「政府が正しい限り、言論は不要、しかし間違えているリスクが大いにある場合には、批判言論活動を展開すべきだ」というのを、言論の基本姿勢しております。)

……とはいえ、そんなワクチン問題でも、個人的にご質問を頂いた範囲なら、もちろん、当方の見解をお伝えできます。ついてはこの件についてお電話をいただいた時、当方から即座に次の様に答えました。

「僕は、お受けになった方がいいと思います。確かに、ワクチンにもリスクがあり、かつ、どういうリスクがあるかも分からないというリスクもある、っていう風に聞いています。

ですが、コロナに罹患して重症化して死亡するリスクはほぼ明らかに存在し、かつそのリスクは80才以上の高齢者においてはそれなりに高いものです。ですから、○○さんの場合は、80才以上ですから、コロナリスクは高く、今明らかになっているワクチンによるリスクよりも、コロナのリスクの方が高いと思います。

ですから、○○さんの場合は、少なくとも僕は、打たれた方がいいと思います。」
…
…
…(記事全文5,260文字)
  • この記事には続きがあります。全てをお読みになるには、購読が必要です。

    購読中の読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • 今月配信済みの記事をお読みになりたい方は定期購読を開始ください。
    お手続き完了と同時に配信済み記事をお届けします。

    定期購読する

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2021年のバックナンバー

2020年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2021年6月19日に利用を開始した場合、2021年6月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2021年7月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する