Foomii(フーミー)

藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~

藤井聡(京都大学教授・表現者クライテリオン編集長)

藤井聡

本当の「緊急事態」はコロナではない。中国による「尖閣有事」「台湾有事」こそ真の緊急事態である。

ウェブで読む(推奨):https://foomii.com/00178/2021042422413579322
////////////////////////////////////////////////////////////////

藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~

https://foomii.com/00178

////////////////////////////////////////////////////////////////

ここ最近、小池知事や吉村知事が喜々として「危機と戦うリーダー」のアピールに躍起になっている姿が連日大きく報道されています。彼等はコロナは恐ろしい疫病であり、戦わなければ国民の生命が守れないという「体裁」で、緊急事態を宣言しました。

しかし、もはやコロナ騒動が始まって一年以上がたち、(少々変異しようとも)それほど真剣に怯えなければならない程毒性が高いわけでもなければ、自粛したからといって抑え込めるものでもない、という認識が広まり、かつてのように怯えに怯えまくってステイホームし続けるべし、という雰囲気は随分と無くなってきています(もちろん、残存はしていますが)。

それよりもむしろ、度重なる自粛に国民の「コロナ疲れ」は徐々に拡大し、吉村氏や小池氏に対する不満も随分と膨らんできているように思われます。

要は、「緊急事態宣言!」なるものに対して、多くの国民が「しらけ」始めているわけです。

しかし、そんな「しらけ」ムードが一切通じない、本物の「緊急事態」が今、刻一刻と迫ってきています。

それこそ「台湾有事」であり、「尖閣有事」です。

これはまさに我が国日本にとってのホンモノの危機。尖閣有事は言うに及ばず、台湾有事であっても、我が国固有の領土である尖閣も、確実にその有事対象となるからです。

例えば、先月9日アメリカのインド太平洋軍のフィリップ・デービッドソン司令官は、上院軍事委員会公聴会で「6年以内」に中国が台湾を侵攻する可能性があると証言しています。

あるいは、先月23日には、次期米インド太平洋軍司令官に指名されているジョン・アキリーノ太平洋艦隊司令官は、同公聴会で、中国による台湾侵攻の脅威は「大半の人が考えているよりもはるかに切迫している」と述べています。

これが現在のアメリカの正式が状況認識なのですが、この状況認識に会わせる形で、今月16日の日米首脳会談も行われました。

そして、日米共同声明に、「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調するとともに、両岸問題の平和的解決を促す」という文言が盛り込まれました。これは、52年ぶりの「台湾」の明記という、大変に画期的なものとなりました。
…
…
…(記事全文6,240文字)
  • バックナンバーを購入すると全文読むことができます。

    購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • ひと月分まとめての販売となります。1記事のみの販売は行っていません。

    価格:880円(税込)

    2021年4月分をまとめて購入する

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2022年のバックナンバー

2021年のバックナンバー

2020年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2022年6月19日に利用を開始した場合、2022年6月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2022年7月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する