Foomii(フーミー)

藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~

藤井聡(京都大学教授・表現者クライテリオン編集長)

藤井聡

菅内閣はなすべき対策を「過剰自粛」し、日本破壊を加速している。

ウェブで読む(推奨):https://foomii.com/00178/2020122615493374662
////////////////////////////////////////////////////////////////

藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~

https://foomii.com/00178

////////////////////////////////////////////////////////////////

2020年は、コロナ禍のせいで文字通り最悪の年、でした。

ただし、その「コロナ禍」は純然たる自然災害ではありません。適切な対応さえ図っていたなら、これほどまでに大きな被害などなかったわけで、その意味において、これは「人災」の側面が濃厚なのです。

で、その人災となっている原因は、煎じ詰めて言えば全て、政府も国民も「当たり前の事を当たり前に行う」という事を「過剰自粛」してしまったところにあります。

ここに「過剰」という言葉は、「適正な水準以上」という意味。すなわち、本来やる必要もない自粛を「過剰自粛」と言うわけです。

その背景にあるいのは、やる必要も無いけれど「まぁ一応、念の為にやっておきましょうか」あるいは「一応、世間体もあるからやっておきましょうか」というような情けない理由。

そうした「どうでも良いような非本質的な下らない理由」で日本中に「過剰自粛」が氾濫して、その結果、甚大かつ深刻な被害が日本経済・日本社会を覆い尽くし、2020年が文字通り「最悪の一年」になってしまったわけです。

すなわち、まさに「過ぎたるは及ばざるが如し」のことわざ通り、「過小」自粛による被害と同様、あるいはそれ以上の被害を「過剰」自粛が私達の経済と社会にもたらしたのです。

まず第一の「過剰自粛」は、もちろん、コロナ感染症対策のための外出や社会接触等についての「過剰自粛」。

2月には全国の小中学校の閉鎖、4月には全国の8割自粛が要請され、11月以降は主要都市を中心に飲食店の「時短」が要請され、「5人以上の宴会」や「GoToトラベル」の適用も自粛されてしまいました。さらには、あらゆる局面で「ソーシャルディスタンス以下での身体的接近行為」の自粛が要請されています。

しかし、これらの自粛はコロナ感染症対策にとって「一応念の為にやっておきましょうか」というだけのもので、トータルとしての死者数が健康被害を抑制するどころか、むしろ拡大させてしまっています。

そもそも日本の感染者数は、欧米に比べれば圧倒的にその感染者数も重症者数も少ない水準です。何十分の一から、何百分の一の水準の感染者数・重症者数しかいないのが実態です。
…
…
…(記事全文4,570文字)
  • バックナンバーを購入すると全文読むことができます。

    購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • ひと月分まとめての販売となります。1記事のみの販売は行っていません。

    価格:880円(税込)

    2020年12月分をまとめて購入する

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2020年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2021年1月19日に利用を開始した場合、2021年1月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2021年2月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する