Foomii(フーミー)

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

板垣英憲(政治評論家)

板垣英憲

いよいよアメリカの大転換点が近づいてきて、まさにカウントダウンの状態。10月半ばには新しい世の中への変換が始まる。変換が完全に終了するまでには2-3年、もしくは4-5年はかかるだろう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

                         2021年9月30日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いよいよアメリカの大転換点が近づいてきて、まさにカウントダウンの状態。10月半ばには新しい世の中への変換が始まる。変換が完全に終了するまでには2-3年、もしくは4-5年はかかるだろう
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 29日に行われた自民党総裁選は、表向きは自由投票としつつも、裏では重鎮たちの熾烈な駆け引きと買収が繰り広げられ、最終的に岸田文雄で決まった。安倍晋三がモーレツに推した高市早苗は重要ポストに就くことは確実で、副総理兼総務相という構想が早くから出ている。野田聖子は選対本部長といわれ、幹事長には甘利明もしくは萩生田光一、総務会長でも萩生田の名前が茂木敏充とともにあがっている。安倍の高市推しでは、妖怪変化である母・洋子夫人が資金源とみられるカネをバラ撒き、買収選挙でしっかり爪痕を残した。一方、河野太郎は「カネはない」と言い切り、推薦人たちは自腹で支持を訴えていたという。

 以下は在米30年の個人投資家Satoko女史からのトップ情報である。
 いよいよアメリカの大転換点が近づいてきて、まさにカウントダウンの状態だ。10月半ばには新しい世の中への変換が始まる。変換が完全に終了するまでには、2-3年、もしかしたら4-5年はかかるだろうし、人々には苦痛なこともあるかもしれないが、6000年のくびきから解放されるのだから、そこはみんなで我慢して乗り越えていこう。アリゾナ州マリコーパ郡の大統領選の監査結果もやっと発表された。マリコーパ郡だけでも、二重投票1万7千票等、6万票が問題ありだ。これで、ジョージア、ペンシルバニア等、他の州でも監査が続々始まる。トランプの大統領復帰だ。


 バイデンの現在の代役は、誰も知らないような80代の三流俳優のアーサー・ロバーツで、演技はとても下手。報道官のジェン・サキも慌てて割って入る位だ。終焉にはふさわしい人間だ。民主党系のリベラル紙の調査でも、バイデン支持率は30%をかろうじて保持している程度なので、もう数日の命だ。2019年10月18日・19日の武漢の軍人オリンピック、米海兵隊の招集から始まったこの新型の「戦争」も3年目を迎える頃には、決着が見えるだろう。今は、EBS(緊急放送システム)を待つばかりだ。誰がどんな告白をしたのか、すでにその一端は、インターネットに漏れ出ているが、全容が暴露されるだろう。いろいろな時点で、「Red Pill」を選んで、覚醒している人はいいけれど、まだ洗脳状態の人たちには、全く知らなかったことばかりで理解に苦しむだろう。もっとも、若い人も最近は、「Fuck Joe Biden」と言って抗議デモをするし、大手テレビ局のニュースなんて、誰もバカにして見ないので、「やっぱりね」ということになるのかもしれない。しかし、その後、金本位制、通貨の再評価の実施、新しい金融、新しい司法、新しい教育、新しい医療と、世の中はどんどん新しくなる。これもみな、ケネディー暗殺とその後のニクソンによる金本位制の「一時停止」を契機に、アメリカの一部の軍人が危機感をもって、秘密裡に改革を計画し始めたおかげだ。今では、世界中にその仲間が百万人以上いるという。今日の勝利を見ずに鬼籍に入られた元軍人や、作戦展開中に亡くなった現役の兵隊さんたちも多い訳だが、あちら側で喜ばれているだろう。これが、トランプの防衛長官のクリス・ミラーが、記者会見の最中に、偽物のペンスに向かって「アメリカ史上、最も複雑な作戦への協力を感謝する」と言った意味だ。
◆〔特別情報2〕
…
…
…(記事全文4,382文字)
  • バックナンバーを購入すると全文読むことができます。

    購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • 価格:105円(税込)

    ひと月まとめて購入するとさらにお得です。

    価格:1,048円(税込)

    2021年9月分をまとめて購入する

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2022年のバックナンバー

2021年のバックナンバー

2020年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

2018年のバックナンバー

2017年のバックナンバー

2016年のバックナンバー

2015年のバックナンバー

2014年のバックナンバー

2013年のバックナンバー

2012年のバックナンバー

2011年のバックナンバー

2010年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2022年8月19日に利用を開始した場合、2022年8月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2022年9月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する