Foomii(フーミー)

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

板垣英憲(政治評論家)

板垣英憲

「自民党は来るな」と選挙区で罵倒されまくり、このままでは麻生での解散のように自民党は敗北すると自民党内は大騒動で、10月21日任期満了まで解散を遅らせるべきとの声が殺到している。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

                         2021年7月22日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「自民党は来るな」と選挙区で罵倒されまくり、このままでは麻生での解散のように自民党は敗北すると自民党内は大騒動で、10月21日任期満了まで解散を遅らせるべきとの声が殺到している。
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 これは、自民党二階派「志帥会」の重鎮からの自民党内部情報である。
 今週発表された菅政権の支持率が、朝日新聞の調査で31%、ANNでは29.6%となり、政権発足以来、最低となった。安倍政権下からの度重なる不正疑惑と改ざん・隠蔽、そして長引くコロナ自粛と五輪強硬開催、さらにワクチン接種への不備及び不信などが大きく響いている。そうした状況のなか、自民党としては9月9日解散、10月10日選挙を見込んできたが、若手議員を中心に、いま選挙をしたら間違いなく負けるので、選挙時期を遅らせるべきだとの注文が出始めている。衆議院の任期は10月21日までなので、任期満了日である21日に国会を召集して解散し、11月28日投開票という案が浮上してきている。その頃であれば、ワクチン接種も概ね進んでいるだろうということも想定され、自民党にとって風向きが有利になびくと踏んでいるのだ。ただし、二階幹事長自身は、解散の時期を遅らせるとは言っていない。


 もし解散の時期を10月21日の任期満了日まで伸ばした場合、自民党総裁任期が解散前の、9月末なのでどうするかだが、そこは自民党内のことなので、予定どおり総裁選を先送りとし、衆議院選挙で自民党が勝てば、菅が信任されたとみなして総裁選なしで続投という流れにもっていくことになるだろう。
 ただし、衆議院選挙で50議席落とし、自民党単独で過半数割れになった場合は、菅続投は厳しくなるだろう。40議席落としても続投は危険水域だ。ただそこは結果次第。二階を幹事長から降ろして甘利にするという人事を条件で、菅続投となるかもしれない。
 とにかく若い人たちが、ものすごい危機感を感じて言い始めている。自民党の議員が選挙区を回ると、どこへ行ってもケチョンケチョンに批判され、行く先々でメチャクチャ怒られている。「自民党なんか来るな」「なんでもかんでも自民党が悪い」「自民党は応援せんぞ」「自民党の政権はだめだ」などと罵倒される。それも一部の地域の話ではなく、選挙区を回った人、みんながそういう大変な目にあっているということだ。選挙の時期が延ばせるのならば、その道も考えるべきだという声がたくさん出てきている。どこへ行っても「来るな」と怒られるので、みんな戦闘意欲が萎えてしまっている。
 さらに菅首相では戦えないと言い出してきているところだが、次がいない。河野太郎は、国民には人気はあるようだが、ワクチン供給の問題でもかなり批判されている。もともと唯我独尊で、勝手過ぎるところがある。仲間も少ないし、その少ない仲間もよくない。とても総理にはなれない。そもそも親分である麻生が、まだ河野太郎を総理に推す気がない。麻生はまだ、自分が出るチャンスを伺っているくらいだ。さすがに、仮に9月末に総裁選があったとしても、麻生が出ることはないだろうけれども、何か不測の事態で副総理に総理のお鉢が回ってくるかもしれない可能性を大事に、そこはリセットさせず、待ち構えている。
…
…
…(記事全文3,302文字)
  • この記事には続きがあります。全てをお読みになるには、購読が必要です。

    購読中の読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • 価格:105円(税込)

    今月配信済みの記事をお読みになりたい方は定期購読を開始ください。
    お手続き完了と同時に配信済み記事をお届けします。

    定期購読する

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2021年のバックナンバー

2020年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

2018年のバックナンバー

2017年のバックナンバー

2016年のバックナンバー

2015年のバックナンバー

2014年のバックナンバー

2013年のバックナンバー

2012年のバックナンバー

2011年のバックナンバー

2010年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2021年7月19日に利用を開始した場合、2021年7月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2021年8月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する