Foomii(フーミー)

天木直人のメールマガジン ― 反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説

天木直人(元外交官・作家)

天木直人

北朝鮮に引導を渡された安倍拉致外交
無料記事

□■□■【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】
■□■
□■ 天木直人のメールマガジン2018月6月16日第431号
■ 

 =============================================================
 
   北朝鮮に引導を渡された安倍拉致外交

 =============================================================

 驚いた。

 モリカケ疑惑にトドメを刺された安倍拉致外交について書いたばかりだ。

 ところが今度はズバリ、北朝鮮から引導を渡されたのだ。

 今朝7時のNHKニュースが流した。

 北朝鮮の国営ラジオが、拉致問題は解決済みであるという北朝鮮の立場を明らかにしたという。

 これはすでにこれまでも伝えられていた北朝鮮の立場だ。

 しかし、米朝首脳会談で米朝合意が実現した。

 そしてトランプ大統領が拉致問題を提起してくれた。

 その時北朝鮮は解決済みと言わなかった。

 だから今度は日朝首脳会談の番だ。

 そう報じられた、安倍首相も張り切っていた矢先だ。

 そんな中で、北朝鮮は「解決済み」という立場をあらためて明らかにした。

 これは衝撃的だ。

 しかも、それだけではなく、同時に、米朝首脳会談の足を引っ張り続けた日本を酷評したという。

 NHKが流したのだから、今度は大手メディアも報じざるを得ないだろう。

 これを、北朝鮮お得意のけん制であり、駆け引きであるという見方をするのは勝手だ。

 しかし、たとえそうであっても、今すぐの日朝首脳会談はなくなった。

 ここまで言われて、それでも日本の方から早期の日朝首脳会談を求めるなら、ますます足もとを見透かされるからだ。

 安倍首相の応援団である日本会議の連中も怒り出す。

 日朝首脳会談の早期開催は無理だ。

 そしていま日朝首脳会談が開けないようだったら、安倍首相の手で日朝首脳会談を開く日は来ないだろう。

 やはり、安倍拉致外交は北朝鮮から引導を渡されたという事である(了)


────────────────────────────────
購読・配信・課金などのお問合せやトラブルは、
メルマガ配信会社フーミー info@foomii.com までご連絡ください。
────────────────────────────────
編集・発行:天木直人

登録/配信中止はこちら:https://foomii.com/mypage/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

2018年のバックナンバー

2017年のバックナンバー

2016年のバックナンバー

2015年のバックナンバー

2014年のバックナンバー

2013年のバックナンバー

2012年のバックナンバー

2011年のバックナンバー

2010年のバックナンバー

2009年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2019年10月19日に利用を開始した場合、2019年10月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2019年11月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する