Foomii(フーミー)

ほぼ毎日配信!年3000冊読破の読書王・中島孝志の読む!見る!通勤快読宅配便

中島孝志(作家・コンサルタント etc)

中島孝志

「伝説の編集者 坂本一亀とその時代」(田邊園子著・913円・河出書房新社)

「伝説の編集者 坂本一亀とその時代」(田邊園子著・913円・河出書房新社)


終戦後、気鋭の戦後派作家を次々と世に送り出し、〈戦後〉という時代を作った編集者坂本一亀の類まれなる軌跡に迫る、評伝の決定版・・・です。


「坂本さんは古武士のような人ですね」と感嘆していたのは日沼倫太郎。

「ダメダ」「イヤダ」「アカン」と否定語ばかり。理由は説明しない。後になってからわかったり、けどたいていはわからないまま。


三島由紀夫の回想・・・。

きみは兵隊に行ったのかと私に訊く。行ったと答える。そうか、よかったな、うらやましいよ。ちっともよくない、と私は返す。

軍隊経験を持つ坂本と、もたなかった三島。

「皇国少年から戦後、共産主義に転じた井上光晴とは、それぞれ信じる方向は違うが、大東亜戦争中、死を決意してまっしぐらに生きていた。背を向けたり逃げたりしなかった。

三島は坂本や井上を好きであった、坂本も三島や井上を好きであった。井上はけっして三島への好意を表に出すことはなかったが、三島邸へのパーティ招待を断らずに出てきた」

「坂本は涙もろい人だった。彼が掘り出した新人作家高橋和巳が夭逝した時、どれほど泣いたか」

高橋和巳(1931-1971)は京大の中国文学者。河出書房新社第1回文藝賞受賞作『悲の器』。

高橋和巳・・・学生時代、むさぼるように夢中になって読んだのは高橋和巳と三島由紀夫。いまだに全集が実家の小屋に放り込んであります。何回読んだか。同級生にも勧め、その同級生

… … …(記事全文3,006文字)
  • バックナンバーを購入すると全文読むことができます。

    購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • 価格:152円(税込)

今月発行済みのマガジン

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2024年6月19日に利用を開始した場合、2024年6月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2024年7月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISA Master JCB AMEX

銀行振込では、振込先(弊社口座)は次の銀行になります。

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する