Foomii(フーミー)

ASKA サイバニック研究所

飛鳥昭雄(サイエンス・エンターテイナー)

飛鳥昭雄

毎日、世界中で起きる不可解な出来事やオカルト事件のニュースを速効で分析し、その内容をメルマガで送ります!! 月刊でも週刊でもない日刊ASKAです!

タイトル
ASKA サイバニック研究所
価格
660円/月(税込)
発行
毎週3回(祝祭日・年末年始・第5週を除く)
課金開始月
購読した月から ※2022年10月1日からの購読予約も可能です。
購読する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ASKA サイバニック研究所

サンプル記事

■南極大陸の地下深くに「殺戮の天使」が眠る!!

───────────────────────────────────

南極大陸の地下に直径 151マイル( 243キロ)、深さ 848メートルもある巨大構造が観測された!?

2016年12月28日の「the sun」のネット版記事が事実なら、2006年に南極上空でNASA の重力場測定衛星「グレース(GRACE)」が、その巨大構造を確認したという。

南極というと、昔からナチスの残党が「第二次世界大戦」の後に南極に逃れ、秘密基地を建設した説や、アメリカ海軍の地下基地建設の説があるが、そんな程度ではない常識外の規模だ。

通常、重力異常を起こす原因は高密度の巨大岩石構造物、つまり山である。この重力値を測定して、氷床の上から地下構造を推定することができる。

何人かの科学者は、これを2億5000万年前のペルム紀に地球と衝突した小惑星の激突跡(クレーター)と考え、恐竜絶滅の原因になった可能性を示唆した。

恐竜絶滅というと、6550万年前にメキシコのユカタン半島に衝突した「チクシュルーブ隕石孔」が有名だが、観測によりここでも地磁気異常と重力異常が確認されている。

2010年の「science:サイエンス」誌は、チクシュルーブ隕石孔の大きさを直径160キロとし、衝突した小惑星の大きさを直径10~15キロとした。

衝突エネルギーは広島型原子爆弾の10億倍で、衝突時の衝撃規模はマグニチュード11以上、津波は高さ300メートルに達したと推定する。

南極の地下に眠る巨大隕石孔を創り出した犯人の大きさは直径50キロ規模という。そんな物が衝突したら、南極大陸にいたペルム紀の古代生物は絶滅したと思われ、実際、ペルム紀の大絶滅は90パーセントといわれる。

実は、フランスでも国の殆どが覆われる規模の隕石孔が人工衛星から確認されている。我々は小惑星というと、火星と木星の間に存在する「小惑星帯/アステロイドベルト」から、何らかの原因で飛んでくると知っている。

しかし、そこに一つの惑星があったことを殆ど知らない。ロシア科学アカデミーはその天体を「フェイトーン」と命名し、生物がいた可能性を示唆している。

なぜなら、小惑星の殆どは炭化水素を含む石油、アミノ酸を主体とした炭素系コンドライトでできているからである。

つまり、小惑星は一つの天体が爆発した残骸の一部で、生物の存在を示すアミノ酸や脂肪酸などの有機物が大量に含まれ、水分どころか石油や酸素さえ含んでいる。

おまけに小惑星に大量の軽石が含まれていることから、軽石が凝灰岩という火山岩の一種であることからも、マグマが冷えて固まってできた証拠であり、惑星の破片だったことになる。

大昔の南極に落ちた小惑星は、太古の太陽系の大激変を物語っていたのである!!


───────────────────────────────────
本メールマガジンに対するご意見、ご感想は、このメールアドレス宛に返信をお願いいたします。
───────────────────────────────────
【ディスクレーマー】
本内容は法律上の著作物であり、各国の著作権法その他の法律によって保護されています。
本著作物を無断で使用すること(複写、複製、転載、再販売など)は法律上禁じられており、刑事上・民事上の責任を負うことになります。
本著作物の内容は、著作者自身によって、書籍、論文等に再利用される可能性があります。

本コンテンツの転載を発見した場合には、下記通報窓口までご連絡をお願いします。
お問い合わせ先:support@foomii.co.jp
───────────────────────────────────
■ 有料メルマガの購読や課金に関するお問い合わせはこちら
  support@foomii.co.jp 
■ 配信停止はこちらから:https://foomii.com/mypage/
───────────────────────────────────
著者:飛鳥昭雄(サイエンス・エンターテイナー)
著者サイト:http://akio-aska.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  • ASKA サイバニック研究所
  • 最後までお読みくださり、ありがとうございます。
    このマガジンを購読しませんか?
購読する

今月発行済みのマガジン

  • 2022年9月

ここ半年のバックナンバー

  • 2022年8月

  • 2022年7月

  • 2022年6月

  • 2022年5月

  • 2022年4月

  • 2022年3月

2022年のバックナンバー

  • 2022年8月

  • 2022年7月

  • 2022年6月

  • 2022年5月

  • 2022年4月

  • 2022年3月

  • 2022年2月

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2022年9月19日に利用を開始した場合、2022年9月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2022年10月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する