Foomii(フーミー)

ほぼ毎日配信!年3000冊読破の読書王・中島孝志の読む!見る!通勤快読宅配便

中島孝志(作家・コンサルタント etc)

中島孝志

「医者が「言わない」こと 後編」(近藤誠著・1430円・毎日新聞出版)

 「医者が「言わない」こと 後編」(近藤誠著・1430円・毎日新聞出版)

日本の医療は中高年に厳しい、と近藤先生。

多くの医者たちが、健康な人々に病名を付けたがる。医療業界は治療対象となる患者をひとりでも増やし「生活習慣病」や「がん」を見つけ出すことに熱中していますから、このままでは健やかに生きていくことも死んでいくことも難しいのだとか。

たとえば、人間ドックでは「早期発見」されれば早く治療ができ迅速に治せるというけれども、それがホントなら医師が率先して人間ドックを受けるはず。

しかし、著者をはじめ多くの医師が人間ドックを拒否。人間ドックの実態と「病気」が発見されたその後の展開を熟知している故ではないか・・・だとすれば知らないのは、従順な患者予備軍ぱかりなり・・・

医者は人間ドックを受けたがらない。いや、そもそも受けない。

「患者よ、がんと闘うな」の近藤先生。「患者よ」は医学界はもちろん、なんといっても当事者である患者さん、そしてそのご家族、関係者に大きな衝撃を与えました。

私が主宰する「キーマンネットワーク」という勉強会でも一度、近藤先生にご登場頂いたことがあります。

「家族にガン患者がいるんですが、手術しないほうがいいんでしょうか?」といった類の質問がたいへん多かったことを覚えています。


「生活習慣病を見つけて医師の診断を受けると早死にしやすい」

「死亡率が下がるのではなく逆に上昇する」

はなはだショッキングな話ですけど、これは1991年、「JAMA米国医師会誌」という著名な医学誌に掲載されたので、わが国でも医師はご存じのはず。発表当時とても評判になったそうです。

しかし一般患者は教えてもらえないままです。

1980年代、著者は日本で初めて実施したことがいくつかあるそうです。

1それまで全国的かつ絶対的タブーだったがん告知を始め全患者に広げたこと。

2悪性リンパ腫の治療成績をそれまでの2-3倍に高めたこと。

3乳がんの治療法として乳房全摘術しかなかった時代。乳房温存療法を導入し、温存療法が標準治療になる道を開いたこと。


しかし、いつまで経っても温存療法の普及が進まないことに業を煮やして月刊誌文芸春秋に論文を発表。これが近藤先生の運命を変えたとか。


「乳がんは切らずに治る」

慶応義塾大学病院外科の名を挙げて批判。当然、院内では村八分。そんなことは覚悟の上だったから全然気にしなかった。雑誌が乳がん患者の間で有名になり、近藤先生の外来を訪れる温存療法希望者が激増。なんと日本の全乳がん患者の1%になった。

ネット記事を見ると「慶応病院は定年まで近藤を追い出さず懐が深い」という感想を目にしますがこれは逆。

… … …(記事全文3,613文字)
  • バックナンバーを購入すると全文読むことができます。

    購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • 価格:152円(税込)

今月発行済みのマガジン

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2024年4月19日に利用を開始した場合、2024年4月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2024年5月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISA Master JCB AMEX

銀行振込では、振込先(弊社口座)は次の銀行になります。

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する