小菅努のコモディティ分析 ~商品アナリストが読み解く「資源時代」~
小菅努のコモディティ分析 ~商品アナリストが読み解く「資源時代」~

FOMCはタカ派のサプライズなしも、政策正常化の金価格押し下げは続く

小菅努のコモディティ分析 ~商品アナリストが読み解く「資源時代」~

発行者:小菅努(商品アナリスト) 価格:1,944円/月(税込)

 

2017/12/14 16:10 配信の記事

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


           小菅努のコモディティ分析
       ~商品アナリストが読み解く「資源時代」~

  2017年12月14日(木)発行
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ご購読ありがとうございます。FOMC後の金相場動向を解説します。今回のFOMCのポイント、金価格に対する影響を中心に検証します。

===================================
  FOMCはタカ派のサプライズなしも、政策正常化の金価格押し下げは続く
===================================

<金融政策の正常化は進む>
12月12~13日の日程で今年最後の米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されたが、マーケット全体の受け止め方は「ハト派」であり、ドルが売られる一方で金が買われ、米金利低下の一方で株式が買われる展開になっている。緩やかな利上げ軌道に(タカ派方向への)修正が見られなかったことが、金融政策正常化への期待感・警戒感を一段と高めていくことに失敗し、最近の米金利上昇・ドル高傾向にブレーキを掛ける形で、急落地合が続いていた金相場に対しては下げ一服感をもたらしている。COMEX金先物相場の場合だと、11月27日の1オンス=1,299.00ドルを直近高値に12月12日には1,238.30ドルまで値位置を切り下げていたが、FOMC後は概ね1,260ドル水準までの切り返しを見せている。


今FOMCでは0.25%の追加利上げが確実視されており、実際にフェデラル・ファンド(FF)金利の誘導目標は1.25~1.50%まで0.25%引き上げられた。インフレに関する評価は必ずしも改善していないが、「11月のFOMC以降に入手した情報は、労働市場が引き締まり続け、経済活動が堅調な速度で拡大していることを示している」との認識から、今年3回目の利上げが正当化できると結論づけたことが確認できる。資産売却スキームにも特に変化はみられず、保有資産から米国債が60億ドル、MBSが40億の削減を行ったことが確認できる。過去3か月では累計300億ドルの資産削減であり、来年1月からは予定通りに米国債が120億ドル、MBSが80億まで削減ペースを加速することになる。
…
…
…(記事全文4,072文字)

バックナンバーを購入すると全文読むことができます。
⇒ 購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

※ひと月まとめて購入するとさらにお得です。

2017年12月に配信されたバックナンバー一覧

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたメールマガジンのすべての記事を読むことができます。2018年2月19日に利用を開始した場合、2018年2月1日~19日に配信されたメールマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2018年3月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

プロフィール

小菅努

商品アナリスト
小菅努

1976年千葉県生まれ。筑波大学卒。商品先物取引会社の営業本部を経て、同時テロ事件直後のニューヨーク事務所にてコモディティ・金融市場の分析を学ぶ。帰国後は調査部門責任者を経て、2016年にマーケットエッジ株式会社代表に就任。商品アナリスト。

貴金属、非鉄金属、原油、天然ゴム、穀物、砂糖、コーヒーなどのコモディティ市場全般をカバー。マクロ的な視点に基づく需給分析を得意とする。Yahoo!ニュース「コモディティアナリストの視点」、Twitter(@kosuge_tsutomu)での情報提供も行っている。

商品アナリスト・東京商品取引所認定(貴金属、石油、ゴム、農産物)