ビジネス知識源プレミアム:1ヶ月ビジネス書5冊を超える情報価値をe-Mailで
ビジネス知識源プレミアム:1ヶ月ビジネス書5冊を超える情報価値をe-Mailで

ビジネス知識源プレミアム:奇しくも、政権選択の政治の季節になった秋

ビジネス知識源プレミアム:1ヶ月ビジネス書5冊を超える情報価値をe-Mailで

発行者:吉田繁治 (経営コンサルタント ) 価格:648円/月(税込)

 

2017/10/05 10:00 配信の記事

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 <1ヶ月にビジネス書5冊を超える知識価値をe-Mailで>
           ビジネス知識源プレミアム(週刊:648円/月):Vol.905

<905号:奇しくも、政権選択の政治の季節になった秋>

2017年10月3日:政治と世論、および経済

EPUBダウンロード:http://foomii.com/00023-42167.epub
ウェブで読む:http://foomii.com/00023/2017100510000041587
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホームページと無料版申し込み http://www.cool-knowledge.com
有料版の申込み/購読管理 https://foomii.com/mypage/

著者へのメール    yoshida@cool-knowledge.com
著者:Systems Research Ltd. Consultant吉田繁治
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

おはようございます。森友・加計学園への関与の問題から、窮地に陥っていた安倍首相が放った衆議院の解散が、民主党の解党を引き起こし、希望の党へ参集になって維新も連携することから、17年10月が、思わぬ政治の季節になりました。

「政権交代の可能性が生じた選挙」という意味です。衆議院選挙への投票は、国民が行う政治です。スイスのような直接制ではなく、代議制をとる民主主義では、政策や法案への国民投票はないので、投票で議員を選ぶと、次の選挙までは任せるしかない。

今回の衆議院選挙には、急作りの新党「希望の党」、希望の党への民主党の身寄せ、維新の会とも連携、民進党の分裂よる立憲民主党の誕生がからんで、複雑さがあります。

もっとも近い7月2日の都議選の結果について、メディアと専門家は「予想外の、都民ファーストの大勝」と言っています。大敗したのは、自民と民進党でした。なぜ、都民ファーストが大勝したのか。小池氏の親玉であり反安倍の自民の石破氏は、「かつて都議選の結果は、総選挙の結果でもあった」という。

希望の党が150議席をとれば、自民から、石破茂氏と野田聖子氏が出て新党を作り、希望の党、公明とも連立するという説も出ています。

それを立証するかのように、候補擁立数で過半数目指す希望の党が、小選挙区の公明党立候補区(9区)、石破・野田氏の選挙区に、候補を出さないのです。裏で、反安倍連合が進んでいるように思えます。

結果を決める鍵は、従来から国民の45%(4500万人という多数)と言われ、政権が動かないときは棄権する人が多い無党派層の投票です。

もっと近い前例を言えば、都議選の投票率は、前回(2013年)の43.50%から51.28%にまで、7.78%上がっています。都の有権者1068万のうち7.7%は83万人です。無党派と称し、過去は棄権し、今回は都民ファーストへの関心から選挙に出かけた83万人の多くが、希望の党に投票しています(出口調査)。

都議選での出口調査では、無党派層の投票先は、都民ファーストが40.0%、自民が13.0%、共産が16.0%、民進が9.0%、公明が7.0%です(NHK)。
…
…
…(記事全文13,079文字)

この記事には続きがあります。全てをお読みになるには、購読が必要です。
⇒ 購読中の読者はこちらからログインすると全文表示されます。

※今月発行済みのメールマガジンはバックナンバーの購入はできません。
定期購読を開始するか、来月までお待ちいただくとバックナンバーとして購入できます。

2017年10月に配信されたバックナンバー一覧

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたメールマガジンのすべての記事を読むことができます。2017年10月19日に利用を開始した場合、2017年10月1日~19日に配信されたメールマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2017年11月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

プロフィール

吉田繁治

経営コンサルタント
吉田繁治

システムズリサーチ代表取締役 コンサルタント東京大学仏文科卒(専攻フランス哲学)、流通業勤務を経て、経営戦略と流通戦略、マーチャンダイジング戦略のコンサルタント。
専門は小売分野にとどまらず、IT、経済、国際金融に及ぶ。

現在、小売りチェーンや大手卸の経営戦略担当顧問も務める。10年前からインターネットのメールマガジン「ビジネス知識源(無料版)」、「ビジネス知識源プレミアム」を発刊し、合計読者数4万人余で、ビジネス分野でナンバーワンを続けている。執筆量は単行本換算で1年10冊分、10年で100冊分に及ぶ。延べ講演、講義時間7000時間。

実際的なチェーンストア理論においても第一人者と評されている。流通専門誌『販売革新』には7年にわたり連載。『実務家のための在庫管理』『新しいカテゴリーマネジメント』他、流通の時事問題を含め論考がある。
目標とする信条「人の生産性を2倍に」など。

著書に、『ザ・プリンシプル サムウォルトンが実践した経営の成功原則100』(商業界刊)、『利益経営の技術と精神』(商業界刊)など。