ほぼ毎日配信!年3000冊読破の読書王・中島孝志の読む!通勤快読宅配便
ほぼ毎日配信!年3000冊読破の読書王・中島孝志の読む!通勤快読宅配便

「バカ論  後編」(ビートたけし著・778円・新潮社)

ほぼ毎日配信!年3000冊読破の読書王・中島孝志の読む!通勤快読宅配便

発行者:中島孝志(作家・コンサルタント etc) 価格:1,000円/月(税込)

 

2017/10/20 00:00 配信の記事

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            年3000冊読破の読書王!
                   中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


                            2017年10月20日


ウェブで読む:http://foomii.com/00080/2017102000000041843
EPUBダウンロード:http://foomii.com/00080-42420.epub
───────────────────────────────────
 選挙が終盤にさしかかってますけどね、憲法改正を認めるな、護憲だ、独裁を許すな、ファシズムを許すな・・・と叫んでる連中がいますけど、共産主義や社会主義の強い国の方が圧倒的に独裁的でファシズムでしょ。

 立憲なんとかという政党が生まれましたけど、共産党、社民連とどこがちがうのか。
 希望に流れた「当選ファースト」の連中があまりにも酷いんで「コントラスト効果」と「日本人特有の判官贔屓」で人気を集めてますけど、どうなんでしょうね。

 あの党首は原発事故の時、「直ちに影響が出るわけではありません!」と抗弁してた人ですからね。参院選の敗北、衆院選の敗北にもカンチョクトさんと同じでなんら責任を執らなかった人ですよ。

 同じ民進党崩れでも「希望の党」に逃げ込んだ人畜無害の連中のほうがましだと思いますけどね。
 
…
…
…(記事全文2,290文字)

バックナンバーを購入すると全文読むことができます。
⇒ 購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

※ひと月まとめて購入するとさらにお得です。

2017年10月に配信されたバックナンバー一覧

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたメールマガジンのすべての記事を読むことができます。2017年12月19日に利用を開始した場合、2017年12月1日~19日に配信されたメールマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2018年1月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

プロフィール

中島孝志

作家・コンサルタント etc
中島孝志

東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」は30年の老舗。「原理原則研究会」を東京、大阪、名古屋、博多、札幌、新潟、出雲でほぼ毎月開催するほか、精神世界の巨人たちとの「スピリチュアル研究会」、ユニークな投資家たちを招いた「黄金の卵を産む!ピーピーぴよこちゃん倶楽部」を主宰。
講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
著訳書は300冊超。電子書籍100冊超。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。