山口敏太郎のサイバーアトランティア ~世界の陰謀・オカルトの真実
山口敏太郎のサイバーアトランティア ~世界の陰謀・オカルトの真実

●393号 日本の病院が抗癌剤をしつこく使い続ける理由とは

山口敏太郎のサイバーアトランティア ~世界の陰謀・オカルトの真実

発行者:山口敏太郎(作家・オカルト研究家) 価格:777円/月(税込)

 

2018/06/06 18:30 配信の記事

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 2018.6.6 393号
▼『山口敏太郎のサイバーアトランティア ~世界の陰謀・オカルトの真実』
▼ 山口敏太郎の公式ブログ「妖怪王」
▼ http://blog.goo.ne.jp/youkaiou 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★★★★★★★メルマガを読む前の注意★★★★★★★★
このメルマガは皆さんの情報提供、投稿により成り立っています。
ぜひ投稿をお寄せください。感想だけでも歓迎です。tokushima5566@yahoo.co.jp
また、陰謀論・都市伝説の真偽は各自がリテラシーをもって自己
責任で判断願います。信じすぎてはいけませんし、逆に懐疑的精
神を持つことを忘れてもいけません。
***********************************************************
日本の病院が抗癌剤をしつこく使い続ける理由とは
***********************************************************

日本の医療は薬剤メーカーと病院が癒着し、
商業的見地に基づき患者を食い物にしていることから成り立っている。
現在、癌の60%は治ると言われているが、実はもう少し治療率が上がるという説もある。
医者が癌になったら抗癌剤治療は行わないと言われている。
医者本人が行わない治療を薦めて、自ら癌になった場合はしないというのだから恐れ入る。
遺伝子チェックにより、自分にあった最適な抗癌剤を使うという方法も考えられているが、
それでも抗癌剤は使うべきではない。
もともと抗癌剤はマスタードガスという人間を殺すための戦争に使用されていた武器である。
そんなものをなぜ使い続けているのか。欧米では既に抗癌剤を使わない治療が主流となっている。
…
…
…(記事全文5,119文字)

バックナンバーを購入すると全文読むことができます。
⇒ 購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

※ひと月まとめて購入するとさらにお得です。

2018年6月に配信されたバックナンバー一覧

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたメールマガジンのすべての記事を読むことができます。2018年9月19日に利用を開始した場合、2018年9月1日~19日に配信されたメールマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2018年10月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

継続利用で1ヶ月目無料とは

初めてご利用される場合、2ヶ月以上の継続利用をしていただくと、最初の1ヶ月分のご利用料金が無料となります。詳しくは「継続利用で1ヶ月目無料」をご覧ください。

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

プロフィール

山口敏太郎

作家・オカルト研究家
山口敏太郎

1966年、徳島県生まれ。神奈川大学卒。96年作家デビュー。漫画原作者、オカルト研究家なども務める。
放送大学院にて修士号を取得し、学者としての側面も持つ。不思議分野において本格的な解説ができる作家であり、オカルト研究家である。
『ビートたけしの超常現象マル秘Xファィル』(テレビ朝日)、『たかじんのそこまで言って委員会』(読売テレビ)、『おはスタ』(テレビ東京)、『新知識階級クマグス』(TBS)、「吉田照美ソコダイジナトコ」(文化放送)など、年間70~80本のテレビ・ラジオ出演をこなす。