ほぼ毎日配信!年3000冊読破の読書王・中島孝志の読む!通勤快読宅配便
ほぼ毎日配信!年3000冊読破の読書王・中島孝志の読む!通勤快読宅配便

「苦しまない練習」(小池龍之介著・596円・小学館)

ほぼ毎日配信!年3000冊読破の読書王・中島孝志の読む!通勤快読宅配便

発行者:中島孝志(作家・コンサルタント etc) 価格:1,000円/月(税込)

 

2018/06/07 00:00 配信の記事

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            年3000冊読破の読書王!
                   中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


                            2018年6月7日


ウェブで読む:http://foomii.com/00080/2018060700000046386
EPUBダウンロード:http://foomii.com/00080-46901.epub
───────────────────────────────────
 「私は苦しむのが好きです」・・・こんな人はほとんどいないと思います。
 けど、怒らなくていいことで怒ってわざわざ苦しんだり、別に心配しなくていいことを心配してわざわざ苦しんだり、別に後悔しなくていいことを後悔してわざわざ苦しんだり、している人ばかり。

 ということは、深層心理はある意味「苦しみたい」という衝動で動いているのではないでしょうか。不快な脳内麻薬がビリビリ刺激するとき、「イヤだイヤだ」と感じます。けど心の仕組みにしてみると、「多量の刺激を得ることができて好ましい」と反応してしまうのです。

 「あんな失敗するなんて情けないなあ」

 1度感じると何度もリピートしてしまう。やはり苦しむことを心が実は歓迎しているからにほかならない。

…
…
…(記事全文1,817文字)

この記事には続きがあります。全てをお読みになるには、購読が必要です。
⇒ 購読中の読者はこちらからログインすると全文表示されます。

※今月発行済みのメールマガジンはバックナンバーの購入はできません。
定期購読を開始するか、来月までお待ちいただくとバックナンバーとして購入できます。

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたメールマガジンのすべての記事を読むことができます。2018年6月19日に利用を開始した場合、2018年6月1日~19日に配信されたメールマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2018年7月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

プロフィール

中島孝志

作家・コンサルタント etc
中島孝志

東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」は30年の老舗。「原理原則研究会」を東京、大阪、名古屋、博多、札幌、新潟、出雲でほぼ毎月開催するほか、精神世界の巨人たちとの「スピリチュアル研究会」、ユニークな投資家たちを招いた「黄金の卵を産む!ピーピーぴよこちゃん倶楽部」を主宰。
講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
著訳書は300冊超。電子書籍100冊超。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。