山田順の「週刊:未来地図」 ― 日本は?世界は?今後確実に起こる未来の歩き方。ときどき、取材裏話、スクープ、身辺雑記。
山田順の「週刊:未来地図」 ― 日本は?世界は?今後確実に起こる未来の歩き方。ときどき、取材裏話、スクープ、身辺雑記。

米朝首脳会談は史上最大の茶番劇か?日本は大損するだけなのか?

山田順の「週刊:未来地図」 ― 日本は?世界は?今後確実に起こる未来の歩き方。ときどき、取材裏話、スクープ、身辺雑記。

発行者:山田順(ジャーナリスト・作家) 価格:840円/月(税込)

 

2018/06/05 09:00 配信の記事

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            山田順のメールマガジン「週刊:未来地図」

                          No.373 2018/06/05
        米朝首脳会談は史上最大の茶番劇か?日本は大損するだけなのか?

    ウェブで読む:http://foomii.com/00065/2018060509000046351
    EPUBダウンロード:http://foomii.com/00065-46867.epub

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 いよいよ1週間後にせまった「米朝首脳会談」(トランプvs.金正恩)ですが、単なる「顔見せ」と「握手」によるテレビショーに終わるという懸念が高まっています。
 いったんはキャンセルした会談を、なぜトランプ大統領は即座に受け入れたのか? まったくわかりません。しかも、その後のコメントを見ると、北側の「段階的な核放棄」を容認したようにも受け取れます。さらに、衝撃的なのは、「負担は日中韓など周辺諸国が行い、アメリカは多く出さない」という発言です。
 結局、日本にとっては、東アジアにおける恒久平和も得られず、カネだけをむしり取られるという「最悪」の結果になるのでしょうか?

 [目次]──────────────────────────────────

■親書を見ないで会談OKを決めた
■「CVID」放棄。非核化は「ゆっくりやればいい」
…
…
…(記事全文8,571文字)

バックナンバーを購入すると全文読むことができます。
⇒ 購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

※ひと月まとめて購入するとさらにお得です。

2018年6月に配信されたバックナンバー一覧

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたメールマガジンのすべての記事を読むことができます。2018年7月19日に利用を開始した場合、2018年7月1日~19日に配信されたメールマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2018年8月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

継続利用で1ヶ月目無料とは

初めてご利用される場合、2ヶ月以上の継続利用をしていただくと、最初の1ヶ月分のご利用料金が無料となります。詳しくは「継続利用で1ヶ月目無料」をご覧ください。

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

プロフィール

山田順

ジャーナリスト・作家
山田順

1952年、神奈川県横浜市生まれ。
立教大学文学部卒業後、1976年光文社入社。『女性自身』編集部、『カッパブックス』編集部を経て、2002年『光文社ペーパーバックス』を創刊し編集長を務める。
2010年からフリーランス。現在、作家、ジャーナリストとして取材・執筆活動をしながら、紙書籍と電子書籍の双方をプロデュース中。
主な著書に『TBSザ・検証』(1996)『出版大崩壊』(2011)『資産フライト』(2011)『中国の夢は100年たっても実現しない』(2014)など。翻訳書に『ロシアンゴッドファーザー』(1991)。近著に、『円安亡国』(2015 文春新書)。