Foomii(フーミー)

ブランディングディレクター吉田益美の「掟」で覚えるブランディング講座

吉田益美(ヒットマンコーポレーション代表・ブランディングディレクター)

吉田益美

ブランドアイデンティティ、ブランドヴィジビリティ、ブランドロイヤルティ、ブランドアソシエーション、ブランドエクイティ。はたまたセイリエンス、レレバント、イレバント、パリティ、コンテクスト・ブランディングなどなど。ブランドにまつわる用語の複雑さは、時に専門家でも混乱するほど。

でも、ご安心ください。本講座では、ブランドの立ち上げから育成、メンテまでブランディングの要諦を
①オリジナリティの高いブランディング理論
②豊富で身近な事例解説
③ブランド体感テスト
④脱力感たっぷりのマーケターマインド
等によって、身体にすっと染み込むような構成展開でお伝えしていきます。

各章の末尾には、結論を「掟」として記載。全シリーズ(約50週分を予定)をプリントアウトして冊子化していただくだけで、「ブランディングの肝」が一覧できるような仕組みを目指しています。専門用語は、後回し。決してお上品ではない表現も頻出します。いわば、笑いながら、体感していただきながら、お付き合いいただくブランディング講座です。

ブランディング担当者、マーケター、広告マン、そして企業経営者、そして経営・商学系アカデミアの方々におすすめします。

タイトル
ブランディングディレクター吉田益美の「掟」で覚えるブランディング講座
価格
880円/月(税込)
発行
毎週火曜日(第5週を除く)
課金開始月
購読した月から ※2023年1月1日からの購読予約も可能です。
購読する
////////////////////////////////////////////////////////////////

ブランディングディレクター吉田益美の「掟」で覚えるブランディング講座

https://foomii.com/00274

////////////////////////////////////////////////////////////////

§1.脳はサボりたがりやさんである。

このメルマガでは、ブランドの本質や
ブランディングのポイントについて
超真面目に、でも読者の方に
「なるほど!」と感得いただけるような
大胆な展開と語り口で解説していきます。
大げさに言えば、脳科学とマーケティングに
橋を架けるブランド論。もちろんオリジナルです。
では、いきなりですが、有名な「ブランド本」や、
ネットのブランドコラム等ではほとんど語られていない、
ブランディングの核心部についてお話ししましょう。
 
ここが肝心です。どんなに緻密なブランディング理論を振り回しても
ここがワカってないと、まったくうまくいきません。
なぜなら脳は、私たちが売り込みたい
ブランド名やキーワードやマークやロゴなどを、
なるべく見ないように、覚えないようにしているからです。
つまり、何でもかんでも情報を取り入れて、
脳の情報許容量を超えて頭がバーストしたりしないよう、
厳重なディフェンス体制を敷いているのです。なぜでしょう?
 

1日516kcal、脳は大食漢である。 

人間の脳は、毎日約516kcal(*1)もの
エネルギーを消費するといわれています。これは、成人男性が
必要な1日の消費カロリーのおよそ20%にも当たります。
一年365日、毎日、休むことなく、小さめの海苔弁1個くらいの
カロリーを脳が消費してしまうのです。
容量にして体重の5%の脳が、20%も持っていく。
しかも、他の器官に優先して、持って行っちゃうのです。
この脳偏重とも言える、エネルギー分配システムが
二足歩行以来、大脳皮質を発達させてきた
私たち人類の宿命なのです。まさに脳ファースト。
しかし、このアンバランス感は実は、
人間にとっても大きなリスクでもあるのです。
だって手足より先に、脳がカロリーを持っていってしまえば、
いざ、逃げなきゃ!といった局面で
頭は働いているけど、身体がヘロヘロで
まったく動けまへん!なんてハメになりかねません。
こんな時に外敵にでも襲われたら、目も当てられませんよね。
そこでエネルギー消費における大食漢であり、指揮命令系統における暴君でもある
脳だって、少しは考えるのです。

(*1)人間の脳のニューロン数860億個であり、ニューロンの1日あたり消費エネルギー量〈10億個/6kcal/日〉である( 『人の脳は、何がそんなに特別なのでしょうか?』https://www.ted.com/talks/suzana_herculano_houzel_what_is_so_special_about_the_human_brain/transcript?language=ja(Herculano,H,S 2013) 

 脳は取り入れる情報を厳選し、単純化する。
 
脳は大きく分けて3つの方法で情報摂取量を
コントロールしていると考えられます。
 
①生存や快楽や喜びにとって、ホントに大切な情報だけを取り入れる。
②取り入れた情報を、カテゴリーで大別して曖昧化して記憶する。
③取り入れた情報を、ふだんは忘れた状態にする。
 

つまり、脳は情報を圧縮して処理し、
ふだんは情報を潜在化させる(忘れる)ことで
記憶に要するエネルギー消費量をセーブし、
他の器官に決定的なダメージを与えないよう
最低限の気配りはしているのです。
ふだんは、ヘッドクォーター(中央司令部)よろしく、
消費エネルギーを先取りして、手足に対して
ふんぞり返って、威張っている脳ですが、
自分なりに努力はしている模様なのです。
だって、身体くんが外敵に食べられちゃったら
その上に乗っかっている脳くんも一巻の終わりですからね。

こう、憶えてください。あなたがブランディングのために
相手にする人々の脳は、記憶エネルギー消費に関して、
とても抑制的な「省エネ家電」のようなもの、つまり
なかなか記憶エネルギーを使ってくれない存在であると。


ブランディングの学術的な定義については
下記をご参照ください。

https://www.j-mac.or.jp/wp/dtl.php?wp_id=109


でも、実際にブランドをマネジメントする立場にある方や
これから、立ち上げようと考えている方に
大切にしていただきたいのは、次のイメージなのです。




【掟 No.1】
ブランディングとは、生理的にあまり情報を受容したがらない
「さぼりたがりやさんの、脳」と人間が繰り広げる、
記憶をめぐる駆け引きであり、闘いである。


////////////////////////////////////////////////////////////////
本ウェブマガジンに対するご意見、ご感想は、このメールアドレス宛に返信をお願いいたします。
////////////////////////////////////////////////////////////////
配信記事は、マイページから閲覧、再送することができます。ご活用ください。
マイページ:https://foomii.com/mypage/
////////////////////////////////////////////////////////////////
【ディスクレーマー】
本内容は法律上の著作物であり、各国の著作権法その他の法律によって保護されています。
本著作物を無断で使用すること(複写、複製、転載、再販売など)は法律上禁じられており、刑事上・民事上の責任を負うことになります。
本著作物の内容は、著作者自身によって、書籍、論文等に再利用される可能性があります。

本コンテンツの転載を発見した場合には、下記通報窓口までご連絡をお願いします。
お問い合わせ先:support@foomii.co.jp
////////////////////////////////////////////////////////////////
■ ウェブマガジンの購読や課金に関するお問い合わせはこちら
  support@foomii.co.jp 
■ 配信停止はこちらから:https://foomii.com/mypage/
////////////////////////////////////////////////////////////////

  • ブランディングディレクター吉田益美の「掟」で覚えるブランディング講座
  • 最後までお読みくださり、ありがとうございます。
    このマガジンを購読しませんか?
購読する

今月発行済みのマガジン

  • 2022年12月

ここ半年のバックナンバー

  • 2022年11月

2022年のバックナンバー

  • 2022年11月

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2022年12月19日に利用を開始した場合、2022年12月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2023年1月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する