Foomii(フーミー)

2030年すべてが加速する未来までの驚愕の予測

方波見寧(資産コンサルタント)

方波見寧

2020~2029年の世界の破壊と再生について考察する。シンギュラリティ大学では、ロボティクス・脳科学・ナノテクノロジーの融合により、2027年頃の「10億台のナノボット注射」を通じて、2029年には「強い人工知能」が誕生し、「10億台のナノボット注射」を通じて、クラウドコンピュータ内の「強い人工知能」に対して、人間の脳が直接アクセス可能となり、人類はポストヒューマンとして桁外れの能力を有すると予測する。

「ナノボット注射」により、人間の脳とクラウドコンピュータが直接アクセスすることで、クラウドコンピュータ内では、他人と言葉を介さずにコミュニケーションがとれ、人類は、真・善・美を追求する共通の意識を形成し、2030年からは理想の未来が始まる。ただし、「10億台のナノボット注射」とは、自らの過去や思考をさらけ出すため、「悔い改めること」が必要となる“人類愛への踏み絵”でもある。

ところが、2020~2026年までの間、人類は最大の試練に直面することになる。2020年からのCovid19はワクチンの効果が見込めず2026年までに世界人口の2/3を死に追いやるだろう。2022年2月のデジタル人民元の誕生は、近隣諸国の紙幣・硬貨・銀行システムを消滅させ、ロシアと中国によるユーラシア大陸支配を加速させるだろう。

2022年末までには、ロシアの日本侵攻が開始されるだろうし、日本はロシアと中国による経済支配と実効支配の両方を受け、国土を荒らされ、避難民はコロナ集団感染で死亡し、食糧難からが餓死者が続出するだろう。日本が征服を免れる場合、2027年には「10億台のナノボット注射」により、生き抜いた人類はCovid19を克服するだろうし、ファシズム国家の指導者たちは、「悔い改めること」が不可能であるため、ポストヒューマンになる前にCovid19により死滅してしまう。

こうした予想はにわかには信じられないだろうが、上記のテクノロジー予測と非常に合致した予言が70年前に行われていた。日月神示とは、昭和19~38年までの間、日本書紀に最初に登場する国常立大神が画家の岡本天明に「意図せずに筆記させた書物」であり、2020~2029年までの世界の破壊と再生に関する予言書である。本マガジンでは、シンギュラリティ大学のテクノロジー予測を土台として、日月神示を読み解きながら、2020~2029年までの経済予測を行う。

タイトル
2030年すべてが加速する未来までの驚愕の予測
価格
1,000円/月(税込)
発行
毎週土曜日(第5週を除く)
課金開始月
購読した月から ※2024年6月1日からの購読予約も可能です。
購読する

今月発行済みのマガジン

  • 2024年05月

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2024年5月19日に利用を開始した場合、2024年5月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2024年6月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

次のクレジットカードがご利用いただけます。

VISA Master JCB AMEX

銀行振込では、振込先(弊社口座)は次の銀行になります。

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する