Foomii(フーミー)

日本富民安全研究所おっさん所長の「ここだけ!言いたい放題!」

松本勝((株)日本富民安全研究所 代表取締役所長)

松本勝

現役財務省事務次官のデマを大絶賛する西日本新聞のコラム「春秋」
無料記事

ウェブで読む(推奨):https://foomii.com/00243/2021101408213886110
////////////////////////////////////////////////////////////////

日本富民安全研究所おっさん所長の「ここだけ!言いたい放題!」

https://foomii.com/00243

////////////////////////////////////////////////////////////////

おはようございます!日本富民安全研究所の松本です。

「このままでは国家財政は破綻する」
「国民は本当にバラマキを求めているのでしょうか。日本人は決してそんなに愚かではない」等と本当はあり得ないという「真実」を知りながら、自身の出世安泰と省益のためにデマを「文藝春秋」で発表した矢野康治財務省事務次官。

そもそも現役事務次官が雑誌媒体の公の場で、こんなデマを公言すること自体が法律違反ですし、それを容認した麻生太郎前財務大臣や鈴木現財務相も日本が法治国家であるという認識が欠如しています。

また法律を知らずとも「肌感覚」として現役事務官のこの行動を「異常」と感じない、国民もどうかしています。
さらに野党が、現役事務次官のこの行為を糾弾しないのもおかしい。
立憲民主や国民民主の党首はもちろんのこと、山本太郎氏は現在国会議員ではないのですから、一番ブチキレていい立場です。

あなたの最寄りの市役所や町村役場、あるいは県庁の職員が、その自治体の首長(知事・市長村長)や行政全体に対して、
「〇〇市は財政破綻する!市民は本当にバラマキを求めているでしょうか?」
なんて全国区の雑誌で発言しますか?(その自治体の公務員を辞職して以降ならOKですが)

ちなみに日本政府と違って地方自治体は、私たちや一般企業と同じ経済主体です。ですから普通に財政破綻(債務不履行)しますが、それでも現役公務員のこんな発言、日本全国の自治体で耳にしたことないでしょう。

日本政府は地方自治体とは違い、
①自国通貨発行権
②変動為替制
③自国通貨建て国債
の権限や制度を有していますから、財政破綻しません。
この「真実」「事実」は矢野事務次官が属している財務省が自身のHPで声明していますし、だからこそを先の自民党総裁選で高市早苗議員はこの「事実」公言したのです。
地方自治体は上記の①②③がありませんから財政破綻しますが、それも政府が地方交付税交付金を必要に応じて自治体に支出すれば、事実上破綻しません。つまりはこれも日本政府がどれだけ財政支出するか?の問題なのです。

最後に極めつけは、我が国の大手マスコミがこの矢野事務次官の公式発言を批判するどころか、大擁護する愚行です。
幣研究所が定期購読している福岡のローカル紙、西日本新聞の令和3年10月13日の1面「春秋」欄がヒドイです(朝日新聞の「天声人語」のようなコラム記事)

●10月13日西日本新聞「春秋」●
まず冒頭から原文のママ引用します。()部分は幣研究所のツッコミです。
「悪魔の数字を知っているかい」と旧知の財務官僚が切り出した。21世紀が始まった頃の話だ。ホラー映画「オーメン」に登場する「666」のこと。破滅をもたらす悪魔の子の頭には666に見えるあざがあった。
知人(旧知の財務官僚)が示唆したのは国と地方を合わせた借金の額。2001年度末は666兆円に達する見通しとなった。国家に破滅をもたらす数字と言いたかったのだ。
(あからさまな煽動工作。悪魔の数字の666兆円だろうが、その時点でも今も現実に日本「政府」は破滅していません)

以下は内容を要約して、箇条書きにします。
①1980年に国と地方の債務残高は100兆円となった。
②2014年には1000兆円と突破。
③新型コロナ対策で国債を大量発行した21年度末には1200兆円を超えるという(だからどうした?そもそも、悪魔の666兆円の「倍」になったというのに日本政府は破滅なんてしとらんぞ!)。
④自民党総裁選では財政収支黒字化(プライマリーバランス黒字化目標)の凍結を求める声が(高市早苗議員に対する完全なあてつけ。見事な財務省の忠犬ポチ公ぶり)。
⑤総選挙に向けての与野党政策は、数十兆円規模の経済対策や消費税率の引き下げなど、さらなる大盤振る舞い(これでも諸外国の先進諸国の財政出動額よりも遅くてショボい。西日本新聞は、読者の国民がコロナ禍で貧困に喘いで自殺してもいいのだろうか?)。
⑥悪魔の数字は倍増する勢いだ。(ホラー映画なら悪魔の数字だろうが、日本政府とは全く関係ない。もはやここまで書くと、単なる恐怖を煽る悪質なデマ)
⑦「こんなバラマキ合戦は看過できない」と国の金庫番がもの申した。財務省の矢野康治事務次官だ(国の金庫番って誰?日本政府の金庫番なら意味がわかるけど)。
(そもそもバラマキってどういうこと?日本政府が国債発行して支出することは、事実上の「日本円発行」です)

とまぁこんな感じで、あたかも国家を想うご意見番のヒーローのように矢野事務次官を持ち上げ、その発言を取り上げる。その内容はこの配信記事での冒頭部分「」です。
さらに要約して引用すると
①現職次官の意見表明は極めて異例だが、間違いだと一番わかっている官僚が黙っているのは「不作為の罪だ」(「間違い」と指摘することがウソ。真実と現実を知っているのにも関わらず、ご自身の出世と安泰、省益のために公の場でデマを拡散しているだけ)。

締めの文章は原文のママ引用します。
「国民は本当にバラマキを求めているのでしょうか。日本人は決してそんなに愚かではない」との訴えは傾聴に値する。さて、人気取りに余念のない方々に「聞く耳」はあろうか。

幣研究所はこの「春秋」の記事を書いた記者と、直接会って話をしたいという強い衝動に駆られています。
そして以下のように、この記者にお話します。
「お宅は新聞記者ですから地元の中洲や中小零細企業、そして派遣社員やアルバイトが今どういう現状かご存じでしょう?それを救う政策が「人気取り」ですか?」
「そうまでして政府の金庫番の言うことを尊重するなら、まずはお宅の新聞社が率先して定期購読軽減税率8%を通常の10%にする(消費税)ことを願い出て、ありえない財政破綻のために尽力されたらどうでしょうか?」
「苦しんでいる国民を救おうとする政治家の行為を「人気取り」と批判するのであれば、まずは御社が自ら率先して定期購読軽減税率を返上するのが、物事のスジですね」

上記の他にもこの「春秋」なるコラムを書いた西日本新聞の方に、言いたいことはあと100くらいあるのですが、短編小説一作分の長さになるのでやめます。
結局は我が国の大手マスコミ(新聞・テレビ)なんてのは、我が国最強の官僚組織である財務省さまの「広報機関」に過ぎないのです。
その構造を詳しく知りたい方は↓の幣研究所の動画を、是非ご覧ください。
https://youtu.be/3TSjkGgo5K0

㈱日本富民安全研究所 拝



////////////////////////////////////////////////////////////////
本ウェブマガジンに対するご意見、ご感想は、このメールアドレス宛に返信をお願いいたします。
////////////////////////////////////////////////////////////////
配信記事は、マイページから閲覧、再送することができます。ご活用ください。
マイページ:https://foomii.com/mypage/
////////////////////////////////////////////////////////////////
【ディスクレーマー】
本内容は法律上の著作物であり、各国の著作権法その他の法律によって保護されています。
本著作物を無断で使用すること(複写、複製、転載、再販売など)は法律上禁じられており、刑事上・民事上の責任を負うことになります。
本著作物の内容は、著作者自身によって、書籍、論文等に再利用される可能性があります。

本コンテンツの転載を発見した場合には、下記通報窓口までご連絡をお願いします。
お問い合わせ先:support@foomii.co.jp
////////////////////////////////////////////////////////////////
■ ウェブマガジンの購読や課金に関するお問い合わせはこちら
  info@foomii.com 
■ 配信停止はこちらから:https://foomii.com/mypage/
////////////////////////////////////////////////////////////////

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2021年のバックナンバー

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2021年10月19日に利用を開始した場合、2021年10月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2021年11月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

継続利用で1ヶ月目無料とは

初めてご利用される場合、2ヶ月以上の継続利用をしていただくと、最初の1ヶ月分のご利用料金が無料となります。詳しくは「継続利用で1ヶ月目無料」をご覧ください。

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する