Foomii(フーミー)

アメリカの闇を追う

成澤宗男(ジャーナリスト)

成澤宗男

私たちが日常的に接している国際報道は、日本のみならず世界的に、米国の対外行動がアプリオリに、あたかも何かの正当性に裏付けられているかのような観点に立った内容が主流になっているのは否めない事実です。そのため結果として、世界で起きている重要な問題を誤って人々が解釈している事例が少なくありません。このブログではジャーナリズムの視点から、流布している報道の何が真実であるかを見極める情報を提供しつつ、見落とされている問題を考えていきたいと思います。

かつて20世紀から21世紀に移行するにあたって、私たちは、二つの世界大戦が起きた「戦争の世紀」からの決別を願ったはずでした。ところが2001年の「9・11」事件後米国は一挙に軍事行動をエスカレートさせ、今や「永久戦争」(Perpetual war)と呼ばれる時代に移行したという指摘も見受けられます。そして冷戦が終結してから30年がたとうとしながら、再び新たな世界的規模の戦争の危機が叫ばれています。にもかかわらず、このような現状をもたらした本質的要因についての考察や、平和の実現に向けた意欲が乏しいように感じられるのはなぜでしょうか。

こうした破局的事態が予測されるなか、今一度立ち返るべきは、1945年6月26日に制定された国連憲章の精神でしょう。その冒頭には、「われら連合国の人民は、われらの一生のうちに二度まで言語に絶する悲哀を人類に与えた戦争の惨害から将来の世代を救い」、「国際の平和及び安全を維持するためにわれらの力を合わせ、共同の利益の場合を除く外は武力を用いないことを原則の受諾と方法の設定によって確保」すると誓っています。

そして第一条第一章で、「国際紛争を平和的手段によって国際の平和及び安全並びに正義を危うくしないように解決し」、「武力による威嚇又は武力の行使」を慎むべきと規定しています。ところが残念ながら、戦後の70数年とは、この第一章が形骸化されてきた歳月でもありました。それでも私たちにとって、この国連憲章に沿った国際秩序を形成するしか人類と地球の生態系を絶滅の危機から回避する道は残されてはいないでしょう。

いまジャーナリズムに求められているのは「客観性」ではなく、国連憲章の精神に立脚した平和的環境の創出と構造的暴力からの解放にどこまで寄与できるかという、目的意識性であると信じます。その使命を果たせるよう、このブログで努力していく決意です。

タイトル
アメリカの闇を追う
価格
840円/月(税込)
発行
毎月 1日、10日、20日
課金開始月
購読した月から ※2021年5月1日からの購読予約も可能です。
購読する
////////////////////////////////////////////////////////////////

アメリカの闇を追う

https://foomii.com/00233

////////////////////////////////////////////////////////////////

下記リンクをご覧いただき購読の参考としてください。

「カマラ・ハリスとは何者なのか」
https://blog.goo.ne.jp/lotus72ford/e/97c0402ead277b79f69774e54ad71549

「誰も語らない、アフガニスタン戦争の真実」
https://blog.goo.ne.jp/lotus72ford/e/161b5dc5b7f91c5b12f20a0abec8a2fa

「黒海に見る『第三次世界大戦』の予兆」
https://blog.goo.ne.jp/lotus72ford/e/6452cf855899d581eaa7b7e8baa4668b

「コロナ危機が中国との戦争気運に結び付けられる」
https://blog.goo.ne.jp/lotus72ford/e/c722a4344073ed3ed3ea1a7a39c3a9df

「ペルシャ湾で何が起きていたのか」
https://blog.goo.ne.jp/lotus72ford/e/13071a7825eb7e789f99473a51f79bc7


////////////////////////////////////////////////////////////////
本ウェブマガジンに対するご意見、ご感想は、このメールアドレス宛に返信をお願いいたします。
////////////////////////////////////////////////////////////////
配信記事は、マイページから閲覧、再送することができます。ご活用ください。
マイページ:https://foomii.com/mypage/
////////////////////////////////////////////////////////////////
■ ウェブマガジンの購読や課金に関するお問い合わせはこちら
  info@foomii.com 
■ 配信停止はこちらから:https://foomii.com/mypage/
////////////////////////////////////////////////////////////////


  • アメリカの闇を追う
  • 最後までお読みくださり、ありがとうございます。
    このマガジンを購読しませんか?
購読する

今月発行済みのマガジン

  • 2021年4月

ここ半年のバックナンバー

  • 2021年3月

2021年のバックナンバー

  • 2021年3月

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2021年4月19日に利用を開始した場合、2021年4月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2021年5月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払いをご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する