Foomii(フーミー)

「取材は愛」相澤冬樹の報道放浪記

相澤冬樹(大阪日日新聞 編集局長・記者(元NHK記者))

相澤冬樹

改ざん再調査求める赤木雅子さんに検察庁法案止めた心強い“援軍”が

ウェブで読む(推奨):https://foomii.com/00177/2020052019095266639
////////////////////////////////////////////////////////////////
「取材は愛」相澤冬樹の報道放浪記
https://foomii.com/00177
////////////////////////////////////////////////////////////////
 検察庁法改正の今国会での成立断念、先送りが決まった5月18日。この日付は赤木雅子さん(49)にとって大きな意味があった。森友事件で公文書改ざんを強いられ命を絶った夫、財務省近畿財務局の赤木俊夫さん(享年54)が死の直前に残した「手記」を公表し、国と佐川宣寿元財務省理財局長を相手に裁判を起こしたのが3月18日。それからちょうど2か月となる節目だったのだ。赤木雅子さんからこんなLINEが来た。
「検察庁の法案見送りの記事、私も見ました。世論が政権を動かしたんですね。安倍首相に国民に寄り添う心があるなら次は再調査が進むはずです。政治家も公務員も誠実であるべきです」
 夫はなぜ死に追い込まれたのか? その真相を知りたいと雅子さんは第三者による公平な再調査を国に求めている。インターネット上のキャンペーンサイトでは34万5千人を超える賛同の署名が寄せられた。それでも安倍首相は「再調査はしない」と突っぱねている。〝なぜ再調査に応じてくれないのだろう? 安倍首相だって、再調査で安倍さんも昭恵さんも事件に無関係とはっきりすればありがたいはずなのに〟と雅子さんは感じている。
 そこに心強い〝援軍〟が現れた。その名は笛美さん。ツイッターでのハンドルネームだ。「#検察庁法改正案に抗議します」を発案し、500万ツイートを超える巨大なうねりを巻き起こしたツイッターデモの最初の一言を発した人だ。その笛美さんが、検察庁法改正を止めた翌朝、こんなツイートをしたのだ。
「【拡散希望】#赤木さんの再調査を求めます 森友改竄問題で自死された赤木さんのご遺族、雅子さんが、世論が政権を動かしたニュースを喜んでくださっているそうです! 赤木さんの死の真相も、私たちの声が集まれば解明できるかもしれません。雅子さんの力になりたいです! ぜひ賛同をお願いします!」
…
…
…(記事全文1,632文字)
  • この記事には続きがあります。全てをお読みになるには、購読が必要です。

    購読中の読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • 価格:165円(税込)

    今月配信済みの記事をお読みになりたい方は定期購読を開始ください。
    お手続き完了と同時に配信済み記事をお届けします。

    定期購読する

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2020年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2020年5月19日に利用を開始した場合、2020年5月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2020年6月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

継続利用で1ヶ月目無料とは

初めてご利用される場合、2ヶ月以上の継続利用をしていただくと、最初の1ヶ月分のご利用料金が無料となります。詳しくは「継続利用で1ヶ月目無料」をご覧ください。

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する