Foomii(フーミー)

田村重信の政治メルマガ

田村重信(政治評論家、自民党政務調査会元調査役)

田村重信

選挙必勝ガイド(メディアはメッセージである、その3)
無料記事

ウェブで読む(推奨):https://foomii.com/00175/2021101409054586114
////////////////////////////////////////////////////////////////

田村重信の政治メルマガ

https://foomii.com/00175

////////////////////////////////////////////////////////////////

●メディアはメッセージである

 選挙に挑むにあたって、メッセージの伝え方、情報発信の方法にも気を配ってください。

「マクルーハン理論」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。カナダの学者、マーシャル・マクルーハンが提唱した理論です。

 マクルーハンは著書『メディア論:人間の拡張の諸相』(みすず書房)で「メディアはメッセージである」と書いています。

 ここで注意してもらいたいのは、同じメッセージでも、テレビで伝えるのか、ラジオで伝えるのか、あるいは面と向かって直接伝えるのか、状況によって相手が受ける印象が異なるということ。また、同じ演説でも、講演会など建物のなかで話すのと、街頭で話すのとでは異なります。

 さらに誰にメッセージを伝えるのか。相手の年齢、熱心な支持者なのか、政治に無関心な人なのか、そこまで考えて、それぞれどう話すのが効果的なのかを考えることも重要です。政治通なら政策の話をしてもよいですが、政治に無関心な人なら、小泉純一郎氏のように相手の感情に訴えかけるような話をするべきだということです。

 一九七〇年代後半に、政治評論家氏の竹村健一が司会を務める「竹村健一の世相講談」(日本テレビ)という討論番組が放送されていました。番組ではゲストに竹村氏が質問を投げかけ、意見をぶつけ合っていました。

 この番組でアシスタントを務めていたのが、元東京都知事の小池百合子氏です。氏はこの番組に出演したことで、「メディアはメッセージである」ということを学んだのでしょう。だから政治家になってから、メディアを通じて国民にうまくメッセージを伝えています。

 二〇二一年七月には都議選が行われました。都民ファーストの会の創設者である小池氏は、選挙直前に体調不良を理由に入院しました。選挙終盤に退院したものの、一度も街頭演説を行うことなく、一度だけ記者会見を開きました。街頭演説は行わず、一度だけ記者会見を行ったというのがポイントです。会見後にマスコミは大きく取り上げ、その結果、都民ファーストの会は予想を上回る議席を獲得しました。

 二〇一七年の都議選とは違い、小池氏や都民ファーストの会に追い風が吹いているわけではありませんでした。ただ、そういう状況下においても小池氏はメディアを巧みに利用して、得票に結びつけたのです。

 余談になりますが、選挙、それも国政選挙となると、事前にメディアからアンケートの回答を求められます。憲法改正に賛成か反対か、選択的夫婦別姓に賛成か反対か、といったアンケートです。選挙前で忙しいからと言って回答を断ったりすると「あの候補者は答えなかった」と批判されることもあります。面倒臭くてもきちんと答えておいたほうがよいでしょう。

 メディアと関連して心情倫理と責任倫理についても話しておきます。

 ドイツ人の政治学者、マックス・ヴェーバーは著書『職業としての政治』で心情倫理と責任倫理について解説しています。心情倫理とは、自分が信じることを貫き行動することであり、その結果がどうなろうとも責任は取らないことを意味します。つまりマスコミやジャーナリストです。一方の責任倫理は、結果を常に予測したうえで行動して、結果に対する責任もとらなくてはならないということ。これが政治家です。

 報道番組や国会中継などを見ていて、政治家の発言、とくに総理や大臣の発言に歯切れの悪さを感じることがあるかもしれません。それは政治家には責任倫理が求められているからです。

////////////////////////////////////////////////////////////////
本ウェブマガジンに対するご意見、ご感想は、このメールアドレス宛に返信をお願いいたします。
////////////////////////////////////////////////////////////////
■ ウェブマガジンの購読や課金に関するお問い合わせはこちら
  info@foomii.com 
■ 配信停止はこちらから:https://foomii.com/mypage/
////////////////////////////////////////////////////////////////
著者:田村重信(自民党政務調査会前審議役、拓殖大学桂太郎塾名誉フェロー)
Twitter: https://twitter.com/shigenobutamura
Facebook: https://www.facebook.com/tamura.shigenobu
////////////////////////////////////////////////////////////////

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2021年のバックナンバー

2020年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2021年10月19日に利用を開始した場合、2021年10月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2021年11月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する