Foomii(フーミー)

田村重信の政治メルマガ

田村重信(自民党政務調査会前審議役、拓殖大学桂太郎塾名誉フェロー)

田村重信

政治評論家・田村重信(今後の政局はどうなる・その1)
無料記事

ウェブで読む(推奨):https://foomii.com/00175/2020080120314369252
////////////////////////////////////////////////////////////////

田村重信の政治メルマガ

https://foomii.com/00175

////////////////////////////////////////////////////////////////
 私は、昨日(7月31日)で自民党本部を退職した。
 今日から、政治評論家としての活動を開始する。
 そこで、このメルマガも政治ネタに力を入れて書くことにした。
 その第一弾が、「今後の政局はどうなる」である。

 最近は、ポスト安倍ということで、自民党の総裁選及び誰が総裁・総理になるかについてマスコミで論じられるようになってきた。
 私も「言論テレビ」の花田編集長の右向け右(7月31日放送)で、「自民党員が選ぶポスト安倍」とのテーマで出演した。https://www.genron.tv/ch/hanada/archives/live?id=730

 そこで、これらについて論じてみた。


 今後の政局を考える場合、

(1)党役員、内閣改造は?
  そのポイントは、幹事長人事、官房長官人事

(2)秋の解散・総選挙はあるのか?

(3)次期自民党総裁の行方は?
となる。


 当面の政治日程


 まず今後の政治日程だが、8月末~G7サミットが米国で開催される。
それに安倍総理が直接、米国に行くか否かであるが、これはコロナの感染がどうなるかによって変わってくる。
 現時点では、安倍総理は米国に行く構えである。

 8月下旬~9月にかけて、自民党役員の任期(令和元年9月11日から1年)が来る関係で、幹事長をはじめ党3役を含む党役員人事はどうなるか、それと内閣改造が行われるので閣僚はどうなるか?が話題になる。

 次が臨時国会の召集のあるのか、それはいつか?
 その場合に「解散・総選挙」はあるか?といったことが考えられる。

 そこで、意外と問題になるのが、自民党各派閥の政治資金集めのための各派パーティとの関連である。
 7月16日には、麻生派パーティがすでに終わっている。
 ところが、9月から10月は、各派のパーティが以下の通りに開催される。

・9月17日、石破派パーティ
・9月28日、細田派パーティ
・10月5日、岸田派パーティ
・10月7日、二階派パーティ
・10月8日、石原派パーティ
 

 解散・総選挙のテーマは何か?


 衆議院選挙の選挙運動期間が12日間。
 となると、石原派のパーティの後の衆院選挙投票日は、10月25日が想定される。
 この時、解散をすると大義は何か?となる。
 私は、憲法改正がテーマになると思う。
 それは、安倍総理の悲願だからである。

 なぜ、自民党は改憲政党といわれながら、憲法改正ができなかったか?
 それは、衆参両院の国会議員数で憲法改正可能勢力である3分の2が確保されなかったからだ。
 ところは、最近、安倍政権下で、参議院でも3分の2が確保できたが、野党が国会の憲法審査会の開催に抵抗・審議拒否を続けている。

 それならば、安倍総理は、小泉純一郎総理の時の郵政解散のように、憲法改正をテーマに解散・総選挙に打って出て、勝利すれば、憲法改正が前進すると考える可能性もある。
 ただし、それもコロナの感染具合がどうなるかによって左右され、解散・総選挙ができない場合もある。


 アメリア大統領選の行方、来年は自民党総裁選と衆院選がある


 11月3日が、アメリカ大統領選挙がある。
 トランプかバイデンか、予断を許さない状況にある。

 そして、来年1月に通常国会召集
 6~7月に東京都議会議員選挙

 9月30日には、自民党総裁任期となり、誰が自民党の総裁になるか?
それが総理大臣となる。

 10月21日には、衆議院議員任期満了日(前回・22日投票)となり、必ず総選挙が行われる。

(以下、続く)


////////////////////////////////////////////////////////////////
本ウェブマガジンに対するご意見、ご感想は、このメールアドレス宛に返信をお願いいたします。
////////////////////////////////////////////////////////////////
■ ウェブマガジンの購読や課金に関するお問い合わせはこちら
  info@foomii.com 
■ 配信停止はこちらから:https://foomii.com/mypage/
////////////////////////////////////////////////////////////////
著者:田村重信(自民党政務調査会前審議役、拓殖大学桂太郎塾名誉フェロー)
Twitter: https://twitter.com/shigenobutamura
Facebook: https://www.facebook.com/tamura.shigenobu
////////////////////////////////////////////////////////////////

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2020年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2020年8月19日に利用を開始した場合、2020年8月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2020年9月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する