Foomii(フーミー)

田村重信の政治メルマガ

田村重信(自民党政務調査会前審議役、拓殖大学桂太郎塾名誉フェロー)

田村重信

田村重信が日本の政治・防衛・憲法などについて分かりやすく解説。
さらに、日本論語研究会代表幹事の立場から『論語』『孫子』などから人間学も語ります。その他、これは!と思うことも書きます。

タイトル
田村重信の政治メルマガ
価格
660円/月(税込)
発行
毎週月曜日
課金開始月
購読した月から ※2019年12月1日からの購読予約も可能です。
購読する
////////////////////////////////////////////////////////////////

田村重信の政治メルマガ

https://foomii.com/00175

////////////////////////////////////////////////////////////////

安倍晋三首相と父・安倍晋太郎

新著『秘録・自民党政務調査会』(講談社)を出版したら各方面から反響をいただいた。
『週刊ポスト』誌(7月19・26日号)からは、「総理になってほしかった政治家ランキング」の取材があった。
内容は、歴史に「if」はないといわれる。だが、過去の政治の転換点で、「もしもこの政治家が総理になっていたら、“国のかたち”は違っていたかもしれない」と期待された人物は少なくない。―というのも。
 
僕は、『秘録・自民党政務調査会』のなかで、安倍晋三首相の父、安倍晋太郎氏が外相時代の参議院選挙で同行、その時のエピソードを書いている。
そんなこともあって、安倍晋太郎氏を上げた。
中曽根康弘首相の頃、次の首相は?
ということでニューリーダー(安倍晋太郎、竹下登、宮澤喜一)が人気を博した。当時、中曽根首相が次期自民党総裁を指名することになり、予測の一番が安倍晋太郎氏だった。しかし結果は、中曽根首相が竹下登氏を指名した。竹下氏は中曽根内閣の大蔵大臣、安倍氏は外務大臣だった。
 
令和になって、平成30年を振り返ってみると、企業の時価総額ランキング50位のなかで、平成元年は1位がNTTで2位が日本興業銀行、3位は住友銀行とトップテンを日本の企業が席巻し、日本企業は32社も入っていた。それが平成30年には、1位がアップルで2位がアマゾン、3位がグーグル・・・と、日本企業はトヨタ自動車が35位でなんと1社だけとなった。日本の競争力も30位と低迷している。

こうしたことを踏まえ、僕の「中曽根内閣の後、内政派の竹下さんが総理に就任した。当時はバブル経済で日本の国力がピークだったが、世界一に驕って変化を選ばなかった。もし、外相経験が長く国際的視野をもっていた晋太郎さんが総理になっていたら、もっと違う道が拓けていたかも知れない。安倍総理が外交と経済再生に力を入れているのは、父がやろうとしたことを引き継いでいるのだと思う」とのコメントが載った。

取材では、安倍晋三首相は「父子2代の内閣」だから長期政権なのだとも話した。
総理になるには「天の時」「地の利」「人の和」が必要とされる。政治的実力があっても、運に恵まれなければ総理の座には届かない。

現在の安倍首相は、先の参議院選挙で勝利し、国政選挙6連勝で、総理の通算在任日数は8月23日に佐藤栄作、11月19日には桂太郎と並ぶ大宰相となっている。

なぜ、安倍首相が長期政権なのか?
次回はその秘密に迫ってみたい。



////////////////////////////////////////////////////////////////
本ウェブマガジンに対するご意見、ご感想は、このメールアドレス宛に返信をお願いいたします。
////////////////////////////////////////////////////////////////
■ ウェブマガジンの購読や課金に関するお問い合わせはこちら
  info@foomii.com 
■ 配信停止はこちらから:https://foomii.com/mypage/
////////////////////////////////////////////////////////////////
著者:田村重信(自民党政務調査会前審議役、拓殖大学桂太郎塾名誉フェロー)
Twitter: https://twitter.com/shigenobutamura
Facebook: https://www.facebook.com/tamura.shigenobu
////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 田村重信の政治メルマガ
  • 最後までお読みくださり、ありがとうございます。
    このマガジンを購読しませんか?
購読する

今月発行済みのマガジン

  • 2019年11月

ここ半年のバックナンバー

  • 2019年10月

  • 2019年9月

  • 2019年8月

2019年のバックナンバー

  • 2019年10月

  • 2019年9月

  • 2019年8月

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2019年11月19日に利用を開始した場合、2019年11月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2019年12月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する