Foomii(フーミー)

最幸の人生を歩むための習慣形成トレーニングマガジン

吉井雅之(No.1習慣形成コンサルタント)

吉井雅之

本日で『ご自身の脳を「感謝脳」に作り上げる』 究極の人望トレーニング「六方拝」 このシリーズは終了します。ぜひ、もう一度「六方拝」1から読み直してくださいね。 きっと・・・一生ものになりますから
無料記事

ウェブで読む(推奨):https://foomii.com/00166/2020101908000072073
////////////////////////////////////////////////////////////////

経営者・経営幹部・指導者の習慣形成トレーニングマガジン

https://foomii.com/00166


▽本トレーニングマガジンの活用方法はこちらをご確認ください。
https://foomii.com/00166/2019061715000055470

////////////////////////////////////////////////////////////////


2020年10月19日『「感謝」という心の動きが、喜びというプラス感情を湧き出させることを、私たちの脳が、本能的に知っているからなのです』

おはようございます。
今日も、メルマガ開封してくれてありがとうございます。
経営者大学・通称西田塾での、西田文郎先生からの学びで、私自身も実践させていただいてるものをお伝えいたします。

『ご自身の脳を「感謝脳」に作り上げる』
究極の人望トレーニング「六方拝」14

六方思考のネットワーク強化のイメージトレーニングのお話です。

六方拝
どんな時でも本気で感謝していただきたいのです。
このシリーズもエンディングに近づいてきました。ぜひ、もう一度「六方拝」1から読み直してくださいね。

きっと・・・一生ものになりますから

昨日からの続き
なぜ・・・
こんな不思議なことが起きるのかは・・・

「感謝」という心の動きが、喜びというプラス感情を湧き出させることを、私たちの脳が、本能的に知っているからなのです。

しかし・・・
考えてみれば、こんな簡単なことにも気付いていない人間という動物は、なんと愚かな生き物か。
幸せな時や絶好調の時は「ありがたい」とは思わず、いい気になって図に乗るくせに、どん底に落ちるとその苦しみの中で、初めて「ありがたい」という気持ちが湧いてくる。

元気に働いている間は、妻の手を握って感謝するどころか、空気同然・・・
そのありがたみをすっかり忘れていながら、辛い病気になるとか、そろそろお迎えが来そうな気配になると、妻の手を握って感謝したくなる。

けれど、どうせ最後に握るなら・・・
もっと若いうちに、もっと元気なうちにしっかり握り締め
「ありがとう」
「私がこうしていられるのも、君のおかげだ」
「本当にありがとう、君のために頑張るよ」
と、言う方が、はるかに幸せですよね。

つまり・・・

どん底に落ちた最悪の状況でやっと人のありがたさを感じ、苦しみの中でようやく感謝するくらいなら、いっそどん底に落ちる前にありがたさに気づき、それに感謝して
「自分は助けられている」
「支えられている」
と確信しながら生きていく方が、ずっと幸せな生き方ですよね。


六方拝とは、そういう生き方の実践であり、言うなれば「真の人望」を築いた人間の生き方そのものなのです。

六方拝の真髄とは、実は拝むことではなく、その先の恩返しの実践なのです。

人間は脳への「想いという入力」と「行動という出力」の二つの繰り返しで作られていますので、どんなら深い感謝も、実際に行動することなくしては「真の人望」ではないのですね。

西田先生の教えに
こんな質問がありました。

「世の中で一番不幸なのは、どんな人間だと思うか」

です・答えは・・・

「病人でもなく、貧乏人でもない。この世で一番不幸なのは、決して『ありがとう』を言わない人間だ。しかし、さらなる不幸は『ありがとう』を言って恩返ししない人間で、一番不幸なのは『ありがとう』を唱えただけで恩返しはできたと思っている人間だ」

人を喜ばせる喜びは、自分だけを喜ばせることより、何倍も幸福感を味わえる。

口先だけで、いくら「ありがとう」と言っても恩返ししないのは、所詮、理屈脳で考えた感謝であり、感情脳の「快」を味わえない不幸な人間なのです。

最後に申し上げます

真の成功者となるために、あなたはあなたを支える六方の方々を幸せにしなければならないのです。

それはあなたに課せられた「義務」です。

しかし・・・

それは、決して辛い義務ではなく、感謝という喜びを伴った

『嬉しい義務』

なのです。

『ご自身の脳を「感謝脳」に作り上げる』
究極の人望トレーニング「六方拝」
このシリーズは終了します。ぜひ、もう一度「六方拝」1から読み直してくださいね。

きっと・・・一生ものになりますから


メルマガ登録初月無料キャンペーン中です( ̄▽ ̄)
大切なお仲間をご紹介くださいませ
よろしくお願いいたします

本日はここまで(^^)/

当り前のコトを徹底的にまず意識しましょう。

自身の脳を出力からコントロールしていくのですよ。
些細なコトの積み重ねですから。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

このトレーニングマガジン、人生設計のヒントに活用してくださいね。
良かったら、周りの皆さんに購読してもらってください。仲間と共に「共通言語」「共通行動」で、あなたの所属するチームを活性化していってくださいね。

今日も、「習慣が10割」理想の自分になる! 実践トレーニングマガジン 読んでいただき、ありがとうございます。ぜひ、実践、チャレンジお願いします。
※只今連続購読を前提として、最初の1か月だけ無料になるというキャンペーン中

「習慣が10割」理想の自分になる! 実践トレーニングマガジン
https://foomii.com/00166
▽本トレーニングマガジンの活用方法はこちらをご確認ください。
https://foomii.com/00166/2019061715000055470


////////////////////////////////////////////////////////////////
本ウェブマガジンに対するご意見、ご感想は、このメールアドレス宛に返信をお願いいたします。
////////////////////////////////////////////////////////////////
■ ウェブマガジンの購読や課金に関するお問い合わせはこちら
  info@foomii.com 
■ 配信停止はこちらから:https://foomii.com/mypage/
////////////////////////////////////////////////////////////////
著者:吉井雅之(No.1習慣形成コンサルタント)
ウェブサイト : https://simpletask.co.jp/
Twitter : https://twitter.com/nanimen
Facebook : https://www.facebook.com/nanimenFC/
Instagram : https://www.instagram.com/m.nanimen/
////////////////////////////////////////////////////////////////

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2020年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2020年12月19日に利用を開始した場合、2020年12月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2021年1月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

継続利用で1ヶ月目無料とは

初めてご利用される場合、2ヶ月以上の継続利用をしていただくと、最初の1ヶ月分のご利用料金が無料となります。詳しくは「継続利用で1ヶ月目無料」をご覧ください。

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する