Foomii(フーミー)

世に倦む日日

田中宏和(ブログ「世に倦む日日」執筆者)

田中宏和

石破茂へのリンチと安倍晋三の神格化 - 院政への政変工作と安倍マスコミ

総裁選の過程で行われた石破茂へのリンチ攻撃は、獰猛で凄惨で苛烈だった。巨大ないじめショーだった。14日の午後だったか、TBSの井上貴博が石破茂にインタビューする場面があったが、「ご自身の政治生命が終わるという声もありますが」などと、菅陣営に立った立場で追い打ちをかける言葉を乱暴に発し、石破茂にとどめを刺す打撃を容赦なく加えていた。地方の自民党支持者で石破茂を応援した者、党員投票で石破茂に入れた者に対して見せしめている。

石破茂の政治生命を絶つべく、マスコミが総がかりで動いている。2012年の参院選前後の小沢派議員に対する掃討排除劇を彷彿させるような、見ていて息苦しくなる迫害と虐待が行われ、石破茂の人格と名誉を傷つけていた。見ながら、判官贔屓の日本人の心性がどこかで発動して、石破茂を叩くマスコミを批判する声が上がるかと思ったが、それはなく、水に落ちた犬が棒で袋叩きされるままだった。今の日本社会の写し絵なのだろうと直観する。


これまで、石破茂は、マスコミの世論調査で、次の総理として期待する政治家の支持率トップを走っていた存在であり、日本の政治世界で決して異端の悪役ではなかった。 マスコミは、森友事件や桜を見る会の問題が起きたときは、真っ先に石破茂のコメントを撮って流し、与党の中からも批判の声が上がっていますと積極表象の配役で報道していた。自分たちの言いたい安倍政権批判を石破茂に言わせ、世論の喚起を促していた。石破茂はマスコミの注文に応え、的確で辛辣な安倍批判のメッセージを発していた。

石破茂はマスコミにとって貴重な政界の資産であり、ある意味で頼りの綱だったと言える。自民党内でただ一人、歯に衣を着せず安倍批判をする石破茂は、自民党の中に健全なバランス機能があることを証明する唯一の存在でもあった。ゆえに石破茂はマスコミに重宝され、世間の正論を代弁する役割を担わされ、世論での人気を高めていたと言える。その石破茂を、一夜で罪人のようにして取り囲み、無慈悲なリンチで失墜させ、平気で無価値化させるマスコミの行動に絶句する。


…
…
…(記事全文3,507文字)
  • バックナンバーを購入すると全文読むことができます。

    購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

    ログインする
  • 価格:110円(税込)

    ひと月まとめて購入するとさらにお得です。

    価格:330円(税込)

    2020年9月分をまとめて購入する

今月発行済みのマガジン

ここ半年のバックナンバー

2020年のバックナンバー

2019年のバックナンバー

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2020年10月19日に利用を開始した場合、2020年10月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2020年11月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する