Foomii(フーミー)

黒薮哲哉ウェブマガジン-報道されないニュースと視点

黒薮 哲哉(フリージャーナリスト)

黒薮 哲哉

新聞研究者の故・新井直之氏は、『ジャーナリズム』(東洋経済新報社)の中で、ある貴重な提言をしています。

「新聞社や放送局の性格を見て行くためには、ある事実をどのように報道しているか、を見るとともに、どのようなニュースについて伝えていないか、を見ることが重要になってくる。ジャーナリズムを批評するときに欠くことができない視点は、『どのような記事を載せているか』ではなく、『どのような記事を載せていないか』なのである」

日本のマスコミは、重要なことを隠さずに伝えているでしょうか。環境汚染や政財界の汚職、それに国策の方向性など重要なニュースがあっても、それが自社の広告主を批判する結果を招いたり、国策に反するとデスクが判断すれば、執筆を自粛するケースが後をたちません。その結果、重要な事実が、国民にとっては「なかったこと」同然になりかねません。当然、世界の客観的な輪郭を把握することはできません。こうして気づかないうちに巧みな世論誘導に巻き込まれているのです。この構図は大罪です。

報道の対象になるのは、記者クラブを通じて「役所」が発表したものが中心になります。いわゆる「発表ジャーナリズム」です。当然、役所に不都合なことは発表されない。隠蔽。それを前提に記事を書いても、ジャーナリズムの役割を果たしていることにはなりません。

このウエブマガジンでは、新井氏が指摘するように、どのような事実を日本のマスコミが伝えていないかを見きわめながら、真に伝えなければならないニュースを提供します。また、その解説・評論も。さらにはメディアを読み解く視点を共有します。

重要な事実を、国境の壁を越えて伝えます。

タイトル
黒薮哲哉ウェブマガジン-報道されないニュースと視点
価格
864円/月(税込)
発行
毎週 2回以上
課金開始月
購読した月から ※開始月(今月/来月)をお選びいただけます。
購読する
////////////////////////////////////////////////////////////////

メディア黒書ウェブマガジン-報道されないニュースと視点

https://foomii.com/00143

////////////////////////////////////////////////////////////////

《「紙」新聞は崩壊へのカウントダウン、1年で中央紙だけで149万部の減部数、京都新聞社3社分の部数が消えた》


  新聞の没落傾向に歯止めがかからない。新聞の発行部数を示すABC部数(2018年10月度)によると、朝日新聞は前年同月比で約36万部減、読売新聞は約41万部、日経新聞は約30万部減、毎日新聞は約31万部減、産経新聞は約11万部減となった。

 中央紙5紙のABC部数は次の通りである。()は前年同月比である。

朝日 5,763,923(-357,682)
毎日 2,646,202(-314,076)
読売 8,328,646(-406,279)
日経 2,398,162(-297,093)
産経 1,465,842(-112,190)
合計 20,602,775(-1,487,320)

 これら5紙で、総計約149万部が減ったことになる。これは京都新聞(発行部数約43万部)クラスの地方紙が、3社消えたに等しい。新聞業界の深刻な内情が改めて浮彫になった。

■「押し紙」と折込広告の水増し
 ちなみにABC部数には、「押し紙」が含まれている。「押し紙」とは、新聞社がノルマとして新聞販売店に買い取りを強要する新聞のことで、昔から業界内で大きな問題になってきた。新聞ばなれが進み、販売店の経営が悪化してくると、「押し紙」の負担が重くなる。そこで新聞社は、販売網を維持するためにやむなく「押し紙」を減らすことがある。その結果、ABC部数も減る。

 このところの極端な部数減の背景には、単に新聞ばなれだけではなく、新聞社が「押し紙」を減らさざるを得なくなっている事情もあるようだ。それだけ経営悪化が深刻になっているのだ。

  なお、折込広告の販売店への割り当て枚数は、ABC部数に準じる基本原則がある。従ってABC部数の中に「押し紙」が含まれていれば、それとセットになっている折込広告も、配達されないまま「押し紙」と一緒に廃棄されている可能性が高い。

■見えざるメディアコントロール
 こうした商取引の「闇」が業界の汚点となり、仮にそれを政府が逆手に取れば、合法的な摘発の口実になる。ここに日本の新聞ジャーナリズムの決定的な弱点があるのだ。それは「忖度」の温床であり、メディアコントロールの見えざるからくりなのである。

 新聞販売店の整理統合は恐ろしい勢いで進んでいる。朝日新聞と読売新聞の販売店が統合されるケースも生まれている。

 倒産する新聞社がでるのは時間の問題だろう。「紙」新聞の崩壊は秒読み段階に入った。


////////////////////////////////////////////////////////////////
本メールマガジンに対するご意見、ご感想は、このメールアドレス宛に返信をお願いいたします。
////////////////////////////////////////////////////////////////
■ 有料メルマガの購読や課金に関するお問い合わせはこちら
  info@foomii.com 
■ 配信停止はこちらから:https://foomii.com/mypage/
////////////////////////////////////////////////////////////////
著者:黒薮哲哉(フリージャーナリスト)
ウェブサイト:http://www.kokusyo.jp/
////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 黒薮哲哉ウェブマガジン-報道されないニュースと視点
  • 最後までお読みくださり、ありがとうございます。
    このメルマガを購読しませんか?
購読する

今月発行済みのメルマガ

  • 2018年12月

このメルマガを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたメールマガジンのすべての記事を読むことができます。2018年12月19日に利用を開始した場合、2018年12月1日~19日に配信されたメールマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2019年1月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する